2012.08.10

【正誤情報】『みんなのAndroidアプリ制作』

みんなのAndroidアプリ制作

 本書の内容に下記のような誤りがありました。お詫びの上、訂正させていただきます。
 また、補足・更新情報も記載いたします。



§p.21、下から3行目、「【URL】http://beta.appinventor.mit.edu/learn/」
§p.22、図2-1、「【URL】http://beta.appinventor.mit.edu/learn/」

※2013年7月25日現在、MITのサイトが更新中です。
※現段階では下記URLからアクセスできます。
◎図2-2や図2-12
http://beta.appinventor.mit.edu/learn/setup/
◎図2-2の「1.」の「Java test page」リンク先
http://www.java.com/en/download/help/testvm.xml
◎図2-2の「2.」の「this link」リンク先
http://beta.appinventor.mit.edu/learn/setup/misc/JWSTest/AppInvJWSTest.html
◎図2-2の「www.java.com」リンク先
http://www.java.com/

※また、Setup情報の新しいページ(英語)も公開されていますのでご利用ください。
http://appinventor.mit.edu/explore/setup-mit-app-inventor.html



§p.64、表4-2、上から2行目(見出し行の下の項目)

※部品名の「AnserPicker.AfterPicking」の冒頭を「Answer~」へ。

◇誤
| My Blocks | AnswerPicker | AnserPicker.AfterPicking |

◇正
| My Blocks | AnswerPicker | AnswerPicker.AfterPicking |



§p.70、表5-1、上から4行目

※「Full parent」を「Fill parent」へ。

◇誤
| Basic | Canvas | Canvas1 | Width | Full parent |

◇正
| Basic | Canvas | Canvas1 | Width | Fill parent |



§p.71、表5-1、下から5行目

※「ChangeSizeText」を「ChangeSizeButton」へ。

◇誤
| Basic | Button | ChangeSizeText | Text | サイズ変更 |

◇正
| Basic | Button | ChangeSizeButton | Text | サイズ変更 |



§p.72、表4-2、本文の上から11行目

※参照する図番号を「図5-5」から「図5-6」へ。

◇誤
数に反映します。ブロックを組み立てると図5-5のようになります。

◇正
数に反映します。ブロックを組み立てると図5-6のようになります。



§p.81、表5-9、上から4行目

◇誤
| My Blocks | Canvas1 | set Canvas1.Clear |
| My Blocks | SizeText | set SizeText to |

◇正
| My Blocks | Canvas1 | call Canvas1.Clear |
| My Blocks | SizeText | set SizeText.Text to |



§p.85、表6-1、上から4行目

※「Full parent」を「Fill parent」へ。

◇誤
| Basic | Canvas | PlayCanvas | Width | Full parent |

◇正
| Basic | Canvas | PlayCanvas | Width | Fill parent |



§p.88、表6-3、上から2行目

※「Mogura」2箇所を「Neko」へ。

◇誤
| My Blocks | MoguraImageSprite | when MoguraImageSprite.Touched | ─ |

◇正
| My Blocks | NekoImageSprite | when NekoImageSprite.Touched | ─ |



§p.105、表7-12、上から2行目

※「設定値」の「─」を「margedTimeline」へ。

◇誤
| Built-In | Definition | variable |

◇正
| Built-In | Definition | variable | margedTimeline

§p.105、表7-12、下から9行目、下から5行目

§p.106、表7-12の続き、上から2行目

※「部品名」の「managedTimeline」を「margedTimeline」へ。

◇誤
| My Blocks | My Definitions | managedTimeline | ─ |

◇正
| My Blocks | My Definitions | margedTimeline | ─ |



§p.194、表12-2、下から1行目 <補足情報:アプリ名を日本語に>

 App To Marketの項目「App Name」にエンコードしたアプリ名を入力することで、アプリ名を日本語にできます。
 専門用語で説明すると、今回の場合には、日本語アプリ名をHTMLの「数値文字参照」(XMLの「文字参照」)に変換します。たとえば、下記の変換フォームで、入力欄に「もぐらたたき」と入れ、「変換」ボタンをクリックすると、出力欄に10進数形式で「もぐらたたき」と表示されるので、内容をコピー&ペーストしてApp To Marketの項目「App Name」に入力してください。

◇10進数形式の数値文字参照へ変換◇

<!–
function encode2CharRefDec() {
var inputValue = document.forms.FormEncode66228.elements.input4encode.value;
var encodedText = "";
for (var i = 0; i

JavaScriptが動作しない環境では実行できません。

入力欄

出力欄

 このエンコード方法は、このページの他にも、たとえば下記URLなど複数のサイトで提供されています。
http://ochikochi.com/tool/character/