2014.09.19

「日本のゲーム開発者に必要な本とは」座談会開催!

ゲームエンジン・アーキテクチャ 第2版

10月10日(金)午後7時より、ブックファースト新宿店にて、ゲームクリエイターによる「日本のゲーム開発者に必要な本とは」をテーマとした座談会を開催いたします。

■登壇者
渡辺 雅央 氏(2Dファンタジスタ 代表)
サイバーコネクトツーにて多数のゲーム開発に携わる。現在は2Dファンタジスタにて、「タップ・シーフ・ストーリー」「瓦割り!」をリリース。大学・専門学校講師やCEDECアドバイザリーボードも務める。

湊 和久 氏 (バンダイナムコスタジオ リードプログラマ)
PCゲーム開発、アニメ制作を経て、2007年バンダイナムコゲームス入社、12年より現所属。業務用中・大型ゲーム機やコンソール移植等でプログラムやプロセスマネジメントに従事。 「ロストランドアドベンチャー」「鉄拳タッグトーナメント2」などのアクションゲームタイトルのほか、『ゲームエンジン・アーキテクチャ』『Unityではじめるゲームづくり』(SBクリエイティブ)の翻訳・監修も行っている。

橋本 善久 氏 (リブゼント・イノベーションズ 代表取締役社長)
1997年より株式会社セガのソニックチームにてプログラマ、企画、ゲームディレクター、技術ディレクターなどを務める。2009年より株式会社スクウェア・エニックスでCTOとしてR&D部門を率いてゲームエンジンや技術デモ制作などを進めつつ、FF14の技術ディレクターも務める。2014年よりリブゼント・イノベーションズ株式会社の代表取締役として独立し、ビジネスソフトウェアの自社開発とゲーム/CG会社などへのマネジメントや技術のコンサルティングを行っている。代表作:「ソニック・ワールドアドベンチャー」「Agni’s Philosophy – FINAL FANTASY Real-Time Tech Demo」「FINAL FANTASY XIV 新生エオルゼア」「Luminous Studio」

簗瀬 洋平 氏
(ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社 クリエイティブ・ストラテジスト
慶應大学大学院メディアデザイン研究科付属KMD研究所リサーチャー)
ゲームデザイン研究者。VR学会認定上級バーチャルリアリティ技術者。
ゲーム産業で17年間ゲームデザイナー/シナリオライターとして「ラングリッサー」「グローランサー」シリーズや「ワンダと巨像」「魔人と失われた王国」などの開発に携わった後に研究者に転身。「誰でも神プレイできるシューティングゲーム」でWISS2013対話発表賞受賞の他、実写全天球動画を使ったバーチャルリアリティコンテンツ「Hiyoshi Jump」「Strato Jump」を発表。

簗瀬洋平
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社 クリエイティブ・ストラテジスト
慶應大学大学院メディアデザイン研究科付属KMD研究所リサーチャー
ゲームデザイン研究者。VR学会認定上級バーチャルリアリティ技術者。
ゲーム産業で17年間ゲームデザイナー/シナリオライターとして「ラングリッサー」「グローランサー」シリーズや「ワンダと巨像」「魔人と失われた王国」などの開発に携わった後に研究者に転身。「誰でも神プレイできるシューティングゲーム」でWISS2013対話発表賞受賞の他、実写全天球動画を使ったバーチャルリアリティコンテンツ「Hiyoshi Jump」「Strato Jump」を発表。

■イベント参加方法について
9月19日(金)午前10時より、ブックファースト新宿店Gゾーンコンピュータ書籍売場、イベント対象本コーナーにて、SBクリエイティブ発行のゲーム開発関連書、いずれか1冊をお買い求めいただいた先着40名様にイベント参加整理券をお渡しいたします。

10/10(金)午後7時~午後8時30分(開場 午後6時45分)
ブックファースト新宿店・地下2階Fゾーン イベントスペース
http://www.book1st.net/event_fair/event/page1.html#a_775

【注意事項】
※整理券はお一人様一枚とさせていただきます。
※整理券の電話予約ならびにお取り置きは承れません。
※イベント券をお持ちでない方の入場はできません。当日は必ずイベント参加整理券をお持ちください。
※当日のお席はご入場順の自由席です。
※トークイベント中の写真・動画の撮影、及び録音、ウェブでの配信はお断りさせていただきます。

2_poster_pc_honkidegame_20140910.jpg

※対象書籍は、ブックファースト新宿店
<Gゾーンコンピュータ書籍売場・イベント対象本コーナー>にて
ご確認をお願いいたします。