2016.02.25

【正誤情報】絶対に挫折しないiPhoneアプリ開発「超」入門 第4版

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門 【Swift 2 & iOS 9.1以降】完全対応
初版第1刷

書籍の内容に以下の誤りがありました。お詫びして訂正させていただきます。

_
********************************************* 
_

■ P.120
【誤】
定数heightが高さを表します。

 

【正】
定数andHeightが高さを表します。
_
********************************************* 
_
■■ P.122
【誤】
なお、外部引数名を指定しない場合は「 _ 」(アンダースコア)を指定します。 
 
 
【正】
なお、第1外部引数名にあたる「withBase」は関数名に含まれているので省略します。
_
********************************************* 
_
■■ P.122  List >> 三角形の面積を求める関数~内部引数名と外部引数名の利用~
【誤】
func areaOfTriangleWithBase(_ base:Int, andHeight height:Int) { 

【正】

func areaOfTriangleWithBase(base:Int, andHeight height:Int) { 
_
********************************************* 
_
■■ P.122
【誤】
なお、関数の宣言時に外部引数名を省略した場合は、Swiftは外部引数名を自動的に補います。上記の場合は、第1外部引数名に「 _ 」を、第2外部引数名に内部引数と同名の引数名を補います。 

【正】

なお、関数の宣言時に第2引数以降の外部引数名を省略した場合は、Swiftは外部引数名を自動的に補います。上記の場合は、第2外部引数名に内部引数(height)と同名の引数名を補います。 
_
********************************************* 
_
■■ P.234 STEP 9
【誤】
[Identifier]項目に[Action]を選択します

【正】

[System Item]項目に[Action]を選択します
_
********************************************* 
_
■■ P.249 List>> 架空のIPhoneクラスの宣言
【誤】
init(language:String, password:Int){
    language = fromLanguage
    passcode = andPassword
}

 

【正】
init(language:String, password:String){
    self.language = language
    self.passcode = password
}

なお、selfはIPhoneクラスのプロパティである「language」とinit関数の第1引数の「language」を区別するために書きます。2つのlanguageは同名のために、selfをつけずにそのまま書いてしまうと、区別できません。Swiftではプロパティと引数が同名の場合には、selfをつけた変数がプロパティ、selfをつけない変数が引数を意味します。

_
********************************************* 
_
■■ P.300 List >>  [ViewController.swift]に追加したコード 
【誤】
imageSelectController.delegate = self 

【正】

picker.delegate = self 
_
********************************************* 
_
■■ P.325 
【誤】
テーブルビューにセルが何個あるのかを

【正】

テーブルビューの各セクションにセルが何個あるのかを
_
********************************************* 
_
■■ P.371
【誤】
ナビゲータエリアの [Supporting Files]フォルダ内にある[InfoPlist.strings]ファイルを選択して 

【正】

ナビゲータエリアにある[InfoPlist.strings]ファイルを選択して
P.120
【誤】
定数heightが高さを表します。
【正】
定数andHeightが高さを表します。
■■ P.122
【誤】
なお、外部引数名を指定しない場合は「 _ 」(アンダースコア)を指定します。 
【正】
なお、第1外部引数名にあたる「withBase」は関数名に含まれているので省略します。
■■ P.122  List >> 三角形の面積を求める関数~内部引数名と外部引数名の利用~
【誤】
func areaOfTriangleWithBase(_ base:Int, andHeight height:Int) { 
【正】
func areaOfTriangleWithBase(base:Int, andHeight height:Int) { 
■■ P.122
【誤】
なお、関数の宣言時に外部引数名を省略した場合は、Swiftは外部引数名を自動的に補います。上記の場合は、第1外部引数名に「 _ 」を、第2外部引数名に内部引数と同名の引数名を補います。 
【正】
なお、関数の宣言時に第2引数以降の外部引数名を省略した場合は、Swiftは外部引数名を自動的に補います。上記の場合は、第2外部引数名に内部引数(height)と同名の引数名を補います。 
■■ P.234 STEP 9
【誤】
[Identifier]項目に[Action]を選択します
【正】
[System Item]項目に[Action]を選択します
■■ P.249 List>> 架空のIPhoneクラスの宣言
【誤】
init(language:String, password:Int){
    language = fromLanguage
    passcode = andPassword
}
【正】
init(language:String, password:String){
    self.language = language
    self.passcode = password
}
なお、selfはIPhoneクラスのプロパティである「language」とinit関数の第1引数の「language」を区別するために書きます。2つのlanguageは同名のために、selfをつけずにそのまま書いてしまうと、区別できません。Swiftではプロパティと引数が同名の場合には、selfをつけた変数がプロパティ、selfをつけない変数が引数を意味します。
■■ P.300 List >>  [ViewController.swift]に追加したコード 
【誤】
imageSelectController.delegate = self 
【正】
picker.delegate = self 
■■ P.325 
【誤】
テーブルビューにセルが何個あるのかを
【正】
テーブルビューの各セクションにセルが何個あるのかを
■■ P.371
【誤】
ナビゲータエリアの [Supporting Files]フォルダ内にある[InfoPlist.strings]ファイルを選択して 
【正】
ナビゲータエリアにある[InfoPlist.strings]ファイルを選択して