2017.11.06

【正誤情報】パケットキャプチャの教科書

パケットキャプチャの教科書
本書内の記載に、以下の誤りがありました。修正内容を提示させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしました事、深くお詫び申し上げます。

 

<初版第3刷>
■p.171 図5.1.5 一番下のNTPの送信元ポート番号
誤)53000
正)123

■p.181 ページ中央付近
誤)「拒否(Reject、Discard)」
正)「拒否(Reject)」

■p.237 ページ中央付近
誤)「拒否(Reject、Discard)」

正)「拒否(Reject)」

■p.237 図5.2.57 コネクションテーブルの状態
誤)SYN
正)SYN-SENT

■p.240 図5.2.62 コネクションテーブルの状態
誤)SYN-SENT
正)EST

<初版第2刷>
■p.135 図4.2.6「ESPのパケットフォーマット」
暗号化の範囲に「SPI」と「シーケンス番号」が含まれていますが、誤りです。

正しくは、「シーケンス番号」の後ろの「バージョン」からが暗号化の範囲となります。

<初版第1刷>
■p.69 手順3 3行目
誤)つまりFa0/0以外のポート

正)つまりFa0/1以外のポート

■p.111 図4.1.16「IPヘッダーチェックサムの計算」 IPヘッダーの16進数表記
誤)4500 003c 90a8 0000 4001 d0b3 02fe 0a02 0264
正)4500 003c 90a8 0000 4001 d0b3 0a02 02fe 0a02 0264

■p.147 図4.2.22「ESPでカプセル化」
図には上り通信用のIPsec SAしか描かれていませんが、実際には下り通信用のIPsec SAも作成されています。

■p.358 手順3 *1内
誤)Questionセクションを「Queryセクション

正)Questionセクションを「Queries