2021.03.01

『Python[完全]入門』正誤情報

Python[完全]入門

初版第3冊

p.234, 灰色の枠(上), 1行目
修正前:Python …
修正後:python …

p.263, varargs4.py, 2行目
修正前:for i, x in enumerate(t, start=1):
修正後:for i, x in enumerate(t, 1):

p.264, only8.py, 2行目
修正前:for i, x in enumerate(t, 1):
修正後for i, x in enumerate(t, start):

p.264, only8.py, 4行目
修正前:for i, (k, v) in enumerate(d.items(), len(t)+1):
修正後:for i, (k, v) in enumerate(d.items(), len(t)+start):

p.296
修正前:Food(商品)
修正後:Food(食品)

P.299, 下から4行目
修正前:FoodオブジェクトやItemオブジェクトからオーバーライド
修正後:FoodオブジェクトやToyオブジェクトから、オーバーライド

P.303, 下から3行目
修正前:FoodクラスとItemクラスに
修正後:FoodクラスとToyクラスに

p.361
修正前:ウォルスラ
修正後:ウォルラス

p.456, excel2.py
修正前:book = openpyxl.load_workbook()
修正後:book = openpyxl.Workbook()

p.544
修正前:
冒頭の「sys.stdout…」という記述は、標準出力の文字エンコーディングを調整し、文字化けを防ぐための処理です。
修正後:
冒頭の「#!/usr/bin…」は、macOSやLinuxでCGIプログラムを実行する場合に必要な、シバン(シェバン)と呼ばれる記述です。シバンはファイルを実行するためのインタプリタを指定するための機能で、ここではPythonインタプリタ(python3)を指定しています。また、import文の後にある「sys.stdout…」という記述は、標準出力の文字エンコーディングを調整し、文字化けを防ぐための処理です。

p.544, login.py, 1行目
修正前:
import cgi
修正後:
#!/usr/bin/env python3
import cgi

p.545
修正前:
(shop.db)も必要です。
修正後:
(shop.db)も必要です。
なおmacOSやLinuxの場合は、login.pyの属性を実行可能に設定しておく必要があります。cgi-binディレクトリにおいて、ターミナルから「chmod 755 login.py」または「chmod 700 login.py」を実行しておいてください。

 

初版第2刷

■p.552
修正前
if file:                    ← 選択済みの場合
  file.save(‘uploaded’, overwrite=True)  ← ファイルを保存

修正後
if file:                    ← 選択済みの場合
  os.makedirs(‘uploaded’, exist_ok=True) ← ディレクトリを作成
  file.save(‘uploaded’, overwrite=True)   ← ファイルを保存

修正前
return bottle.static_file(file)

修正後
return bottle.static_file(file, root=’.’)

修正前
以下のようにプログラム(bottle2.py)とディレクトリ(uploaded)を配置してください。

修正前
プログラム(bottle2.py)とディレクトリ(uploaded)の配置は以下の通りです。uploadedディレクトリがない場合には、プログラムが自動的に作成します。