2010.05.06

【サポート】Struts・イン・アクション [正誤情報]

Struts イン アクション

正誤情報
















































P336 下部 表題:入力プロパティとしてActionを使用し・・・ 表題:inputプロパティとしてActionを使用し・・・
そこで、次のような入力プロパティの代わりに、次のような入力プロパティを使用します。 そこで、次のようなinputプロパティの代わりに、次のようなinputプロパティを使用します。
P647 下部 リリース前の過渡期に記述されてため、 リリース前の過渡期に記述されたため、
P401:表12.1 XML構成ファイル 必要に応じてフォームセットとフィールドの検証を定義する
(validator-rules.xml)。バリデータの定義は分離したファイルで行える
(validation.xml)。
必要に応じてフォームセットとフィールドの検証を定義する
(validation.xml)。バリデータの定義は分離したファイルで行える
(validator-rules.xml)。
P402:下段 このファイルは、通常はvalidation.xmlという名前です。 このファイルは、通常はvalidator-rules.xmlという名前です。
P402:下段 Validatorをアクションフォームのプロパティに関連付ける規則は、通
常はvalidator-rules.xmlという別のファイルで指定できます。
バリデータをアクションフォームのプロパティに関連付ける規則は、通
常はvalidation.xmlという別のファイルで指定できます。
P403:上段 validator-rules.xmlファイルには、通常Strutsアプリケーションの validation.xmlファイルには、通常Strutsアプリケーションの
図12.1の下 validation.xmlファイルは、検証規則で必要となる基本バリデータや validator-rules.xmlファイルは、検証規則で必要となる基本バリデー
タや
図12.1の下 validation.xmlファイルのJavaScript要素のほかに、 validator-rules.xmlファイルのJavaScript要素のほかに、