2010.05.06

“pLaTeX2ε Another Manual Vol.1 1999”Windows XP/2000SP4対応ファイル(2004年1月更新版)

pLaTeX2ε for Windows Another Manual Vol.1 Basic Kit 1999

■Windows XP / Windows 2000 SP4以降での文字化けについて

 本書付属CD-ROMでは、Windows XPおよびWindows 2000 Service Pack 4(SP4)以降にて、フォントファイルの問題で一部特殊記号が文字化けすることがわかっております。対応策としては、フォント修正ファイルをダウンロードして、実行してください。
 Windows 2000 SP3以前、NT4ではこの矛盾は顕在化しません。Windows 9x/Meには関係ありません。

<文字化けの現象>

 Windows XP / Windows 2000 SP4以降にて、一部の文字や記号の表示が不正なものとなり、本来表示されるべき記号ではなく、四角い箱(□)が表示されることがあります。不正な表示となるのは、それぞれのフォントで文字コードが16進数で14、8進数で24となるもので、このような文字には、下記のようなものがあります。

・ kappa(κ)
・ le(≦の等号部分が1本のもの)
・ やや大きめの [
・ チェックアクセント記号(^の反対)

<文字化けの対応策>

 この現象はBaKoMa TrueTypeフォントの問題であることが確認されています。この問題はBaKoMaフォントのテーブルを修正することによって回避できます。この修正を行うプログラムをダウンロードするには、下記の方法に従ってください。

 このページ下の「FixBKM.msiダウンロード」から、FixBKM.msiプログラム(約2.4MB)をダウンロードしてインストールします。Windows Installerファイルになっていますので、ダブルクリックで実行します。

 注意:Windows Installerは、Windows XP/2000/Meに同梱されています。Windows 98/95等をご利用で、Windows Update等で更新していない場合、上記のファイルをダブルクリックしてインストールできないことがあります。その場合には、Microsoftの「Windows Installer エンジンの入手方法」のページから入手可能です。
 Windows Installerについては、Microsoftの「Windows インストーラ テクノロジの概要」のページをご覧ください。
 この他の対応方法については、著者のページをご覧ください。

<2004年1月の更新について>

 2004年1月22日まで弊社サポートページで提供していたファイル、ならびに本書の第11刷(2002年3月29日発行)から第13刷(2003年7月11日発行)の付属CD-ROMで提供していたファイルでは、一部のEulerフォントにて不具合が残っておりました。
 お手数ですが、該当フォントをご利用の方は上記の2004年1月更新版をインストールしていただけますようお願いいたします。

■Windows XP/2000での「EzTeX」の「スタートアップ」への登録方法について

 インストールプログラムで「EzTeX」をインストールするようにした場合、インストールプログラムは「EzTeX」のアイコンを半角カタカナの「スタートアップ」に登録します。このアイコンを全角カタカナの「スタートアップ」フォルダに移動してください。

■著者のページ

 より詳しい情報は、著者のページをご覧ください。
 Windows XPでの動作についてはこのページで、Windows 2000での動作についてはこのページで、詳しく解説されています。

ダウンロード

FixBKM.msiダウンロード … Windows XP / Windows 2000 SP4対応フォント修正ファイル