2010.05.06

『即戦力が身につく SQLトレーニング』、訂正とお詫び

即戦力が身につく SQLトレーニング

tatsuya
hmitsuda
2008-08-04T08:15:30Z
2009-11-17T10:24:09Z
11.9999

Sheet1

270

281
300
300

80

57

3
15
5

False
False
False

Sheet2

270
False
False
False

Sheet3

270
False
False
False

8895
11715
240
15
False
False

_FilterDatabase

1
=Sheet1!#REF!

ページ 場所バショ
50 ER図のカラム名 ・クラブテーブルの「クラブ名メイ
 「KUBUMEI
    セイ
    ・クラブテーブルの「クラブ名」
 KURABUMEI
ページ 場所バショ
50 下から4行目 「~たとえば、通信簿ツウシンボテーブルは~」
    セイ
    「~たとえば、通知表ツウチヒョウテーブルは~」
ページ 場所バショ
148 問題文 「SEITOテーブルとKURABUテーブルを外部結合し、KURABUMEIとKURABUMEIごとの合計人数を表示してみよう」
    セイ
    SEITOテーブルとKURABUテーブルを外部結合し、KURABUMEIとKURABUBANGOごとの合計人数を表示してみよう。
    備考ビコウ
    解答カイトウSQLが「COUNT(SEITO.KURABUBANGO)」となっていたため、解答カイトウSQLと合わせました。
ページ 場所バショ
156 問題SQL SELECT
SEITO.NAMAE AS 生徒名前,
KURABUMEI AS クラブ名称,
KYOIN.NAMAE AS 顧問名前
FROM
SEITO
JOIN
KURABU ON SEITO.KURABUBANGO = KURABU.KURABUBANGO
JOIN
KYOIN ON KURABU.KURABUBANGO = KYOIN.KURABUBANGO
WHERE
KURABUBANGO = 1
;
    セイ
    SELECT
SEITO.NAMAE AS 生徒名前,
KURABUMEI AS クラブ名,
KYOIN.NAMAE AS 顧問名前
FROM
SEITO
INNER JOIN
KURABU ON SEITO.KURABUBANGO = KURABU.KURABUBANGO
INNER JOIN
KYOIN ON KURABU.KURABUBANGO = KYOIN.KURABUBANGO
WHERE
KURABUBANGO = 1
;
ページ 場所バショ
245 問題文 SHOUYOテーブルから、NENDOが「2006」、KYOINBANGOがKYOINテーブルの
SHUNINNBIが「1977-01-01」以前の先生のKYOINBANGOの賞与情報を削除してみよう。
    セイ
    SHOUYOテーブルから、NENDOが「2006」、KYOINBANGOがKYOINテーブルのSHUNINBIが「1977-01-01」以前の先生のKYOINBANGOの賞与情報を削除してみよう。
    備考ビコウ
    「N」が1つ多オオい。
ページ 場所バショ
261 「正」の欄 キーワードが不足フソク。「正セイ」の欄ランにキーワードを追加ツイカしてください。
    セイ
    以下イカのキーワードを追加ツイカ
( , ) NENDO
ページ 場所バショ
282 第6問 解答SQL SELECT
KURABUMEI AS クラブ名,
COUNT(*) AS 所属人数
FROM
KURABU
INNER JOIN
SEITO
ON
KURABU.KURABUBANGO =
SEITO.KURABUBANGO
GROUP BY
KURABU.KURABUMEI
;
    セイ
    SELECT
KURABUMEI AS クラブ名,
COUNT(*) AS 所属人数
FROM
KURABU
INNER JOIN
SEITO
ON
KURABU.KURABUBANGO =
SEITO.KURABUBANGO
GROUP BY
KURABU.KURABUBANGO
;
    備考ビコウ
    問題文モンダイブンが「KURASUBANGOでグループ化し」となっていたため、問題文モンダイブンと合わせました。
ページ 場所バショ
283 第5問 解答SQL SELECT
SHUMOKUMEI AS 種目名,
COUNT(UNDOKAI.SHUMOKUBANGO)
AS 参加
人数
FROM
SHUMOKU
LEFT OUTER JOIN
UNDOKAI
ON
SHUMOKU.SHUMOKUBANGO =
UNDOKAI.SHUMOKUBANGO
WHERE
UNDOKAI.NENDO = ‘2007’
GROUP BY
SHUMOKU.SHUMOKUMEI
;
    セイ
    SELECT
SHUMOKUMEI AS 種目名,
COUNT(UNDOKAI.SHUMOKUMEI) AS
参加人数
FROM
SHUMOKU
LEFT OUTER JOIN
UNDOKAI
ON
SHUMOKU.SHUMOKUBANGO =
UNDOKAI.SHUMOKUBANGO
WHERE
UNDOKAI.NENDO = ‘2007’
GROUP BY
SHUMOKU.SHUMOKUMEI
;
    備考ビコウ
    問題文モンダイブンが「SHUMOKUMEIごとの」になっていたため、問題文モンダイブンと合わせました。
ページ 場所バショ
284 第1問 解答SQL SELECT
NAMAE AS 名前,
SHUMOKUMEI AS 種目名
FROM
UNDOKAI
INNER JOIN
SEITO
ON
UNDOKAI.GAKUBAN = SEITO.GAKUBAN
JOIN
SHUMOKU
ON
UNDOKAI.SHUMOKUBANGO =
SHUMOKU.SHUMOKUBANGO
;
    セイ
    SELECT
NAMAE AS 名前,
SHUMOKUMEI AS 種目名
FROM
UNDOKAI
INNER JOIN
SEITO
ON
UNDOKAI.GAKUBAN = SEITO.GAKUBAN
INNER JOIN
SHUMOKU
ON
UNDOKAI.SHUMOKUBANGO =
SHUMOKU.SHUMOKUBANGO
;
ページ 場所バショ
284 第3問 解答SQL SELECT
SEITO.NAMAE AS 生徒名前,
KURABUMEI AS クラブ名称,
KYOIN.NAMAE AS 顧問名前
FROM
SEITO
INNER JOIN
KURABU
ON
SEITO.KURABUBANGO =
KURABU.KURABUBANGO
INNER JOIN
KYOIN
ON
KURABU.KURABUBANGO =
KYOIN.KURABUBANGO
WHERE
SEITO.KURABUBANGO = 1
;
    セイ
    SELECT
SEITO.NAMAE AS 生徒名前,
KURABUMEI AS クラブ名,
KYOIN.NAMAE AS 顧問名前
FROM
SEITO
INNER JOIN
KURABU
ON
SEITO.KURABUBANGO =
KURABU.KURABUBANGO
INNER JOIN
KYOIN
ON
KURABU.KURABUBANGO =
KYOIN.KURABUBANGO
WHERE
SEITO.KURABUBANGO = 1
;
ページ 場所バショ
287 第4問 解答SQL SELECT
NAMAE
FROM
SEITO
WHERE
KURABUBANGO IN (
SELECT
KURABUBANGO
FROM
KURABU
WHERE
KURABUMEI = ‘サッカー部’
)
;
    セイ
    SELECT
NAMAE AS 名前ナマエ
FROM
SEITO
WHERE
KURABUBANGO IN (
SELECT
KURABUBANGO
FROM
KURABU
WHERE
KURABUMEI = ‘サッカー部’
)
;
ページ 場所バショ
289 第4問 解答SQL SELECT
NAMAE
FROM
SEITO
WHERE
NOT EXISTS (
SELECT
*
FROM
KURABU
WHERE
KURABUMEI = ‘野球部’
AND
SEITO.KURABUBANGO =
KURABU.KURABUBANGO
)
;
    セイ
    SELECT
NAMAE AS 名前
FROM
SEITO
WHERE
NOT EXISTS (
SELECT
*
FROM
KURABU
WHERE
KURABUMEI = ‘野球部’
AND
SEITO.KURABUBANGO =
KURABU.KURABUBANGO
)
;
ページ 場所バショ
298 第5問 解答SQL INSERT
INTO
UNDOKAI
SELECT
GAKUBAN,
2050,
CASE
WHEN COUNT(*) >= 3 THEN ‘1’
ELSE
‘2’
END AS SHUMOKUBANGO
FROM
UNDOKAI
GROUP BY
GAKUBAN
;
    セイ
    INSERT
INTO
UNDOKAI
SELECT
GAKUBAN,
2050,
CASE
WHEN COUNT(*) >= 3 THEN 1
ELSE
2
END AS SHUMOKUBANGO
FROM
UNDOKAI
GROUP BY
GAKUBAN
;
    備考ビコウ
    挿入ソウニュウする値アタイはint型ガタのため、シングルクォーテーションで囲カコわない。