2010.05.06

『SEのためのOracleチューニングハンドブック』正誤表情報

SEのためのOracleチューニングハンドブック

『SEのためのOracleチューニングハンドブック』正誤表







(2003年11月19日作成)










































































p.6 図1-1の右のグラフ 実際の完了 100 実際の完了 150
p.7 22行目 システム開発フェーズとデータベース構築フェーズは システム開発フェーズとデータベース構築フェーズは
p.107 8行目 UNFORM UNIFORM
p.132 14行目 (277ページ参照)。 (277ページ参照)
p.185 8行目 a. 異なるバージョンのOracle間でデータを移行する。 a. Oracle間でデータを移行する。
p.185 9行目 b. 同一バージョンのOracle間でデータを移行する。 b. 同一データベース内でデータを移行する。
p.185 下から6行目 バージョンの違うOracle間でのデータ移行には 異なるOracle間でのデータ移行には
p.185 下から2行目 同一バージョンのOracle内でデータを移行する場合には 同一データベース内でデータを移行する場合には
p.231 12行目 「第4章 システムの詳細設定」 「第4章 システムの詳細設
p.291 SORT_AREA_SIZEの説明文6行目 自動PGAメモリ管理の使用 自動PGAメモリ管理機能の使用
p.292 HASH_AREA_SIZEの説明文3行目 自動PGAメモリ管理の使用 自動PGAメモリ管理機能の使用
p.292 BITMAP_MERGE_AREA_SIZEの説明文5行目 自動PGAメモリ管理の使用 自動PGAメモリ管理機能の使用
p.293 PGA_AGGREGATE_TARGETの説明文4行目 自動PGAメモリ管理の使用 自動PGAメモリ管理機能の使用