2010.05.06

【正誤情報】MySQLコマンドブック

MySQLコマンドブック

本書の内容に次のような誤りがありました。お詫びして訂正いたします。 [2006/5/18]



■初刷



p.71 表の誤り

誤)REAL[(M,D)] FLOATと同じ



正)REAL[(M,D)] DOUBLEと同じ



※ mysqld起動時に、「–sql-mode=”REAL_AS_FLOAT”」でオプション指定すると、FLOATと同じになります。

These are synonyms for DOUBLE. Exception: If the server SQL mode includes the REAL_AS_FLOAT option, REAL is a synonym for FLOAT rather than DOUBLE.



p.73 表の補足

原文)YEAR[(214)] YYYYで、1901から2155まで。YYで、2001から2069まで(01-69)と、1970から1999まで(70-99)



追加)2000年は’00’と文字列として指定する必要があり、00では0000と解釈される



p.132 構文の誤り

誤)

LOAD DATA INFILE “/絶対パス/ファイル名” INTO テーブル名

LOAD DATA INFILE “/絶対パス/ファイル名” INTO テーブル名 (カラム名…)



正)

LOAD DATA INFILE “/絶対パス/ファイル名” INTO TABLE テーブル名

LOAD DATA INFILE “/絶対パス/ファイル名” INTO TABLE テーブル名 (カラム名…)



p388 構文の3つ目に誤り

誤)

DELETE [LOW_PRIORITY] [QUICK] [IGNORE]

テーブル名[.*] [, テーブル名[.*] …]

USING テーブル参照方法

[WHERE 条件式]



正)

DELETE [LOW_PRIORITY] [QUICK] [IGNORE]

FROM テーブル名[.*] [, テーブル名[.*] …]

USING テーブル参照方法

[WHERE 条件式]





■第2刷



p.17(2つ目のコマンドの3行目を変更)

誤)

# adduser mysql -g mysql



正)

# useradd -g mysql mysql

※ 現在一般的な構文に修正しました。



p.17(コマンドの追加)

3つ目のコマンドの5行目(–with-embeded…)の下に追加

–without-readline

※ ターミナルでの日本語不具合用のオプションです。



3つ目のコマンドの7行目(–enable-thread…)の下に追加

–with-mysqld-user=mysql

※ MySQLデーモン起動ユーザ指定です。



p18(3つ目のコマンドを変更)

誤)

# /usr/local/mysql/bin/mysqld_safe &



正)

# /usr/local/mysql/bin/mysqld_safe –user=mysql &

※ 起動ユーザ指定が必要です。