2011.02.01

【資格名、試験配信会社、試験番号の変更について】『Oracle試験対策 JavaプログラマSE6問題集 [CX-310-065]対応』

Oracle試験対策 JavaプログラマSE6問題集 [CX-310-065]対応

■資格名、試験配信会社、試験番号の変更について

 本書の刊行前後に、下記のような資格名、試験配信会社、試験番号などが変更されています。
 試験の内容や問題は変わりませんが、本書の「SJC-P6について」(p.x~xvi)で説明された受験手続きは変更されていますので、Oracleのサイトをご覧ください。

オラクル認定資格制度



●2010年9月2日、Javaプログラマ(SJC-P6)を含むSun認定資格は、Oracle認定資格制度
のもと再編されています。

旧「Sun認定JavaプログラマSE 6 (SJC-P)」は、新しく「Oracle認定JavaプログラマSE 6」となっています。

Sun認定資格に関する重要なお知らせ

試験の内容や目的について、上記URLの「よく寄せられる質問」にて下記のように説明されています。

今回の統合で試験の内容や目的に変更はありますか?
 今回変更されるのは認定資格の名称のみです。試験の形式や目的はSunの場合と変わりありません。



●2011年6月1日より、Java、Oracle Solaris、MySQL(旧Sun)認定資格の試験配信会社がピアソンVUE社に移行されました。

それに伴って、JavaプログラマSE 6(旧SJC-P6)の試験番号が「CX-310-065」から「1Z0-851」へ変更されています。

Java、Oracle Solaris、MySQL(旧Sun)認定資格の試験配信会社をピアソンVUE社に移行

試験問題について、FAQにて下記のように説明されています。

ピアソンVUE社のシステムでのオラクル試験問題に違いはありますか?
 いいえ。ピアソンVUE社のシステムでは外観が若干異なる場合もありますが、試験問題に変更はありません。
試験配信会社の移行に関するFAQ