実用
マクロビオティックの子どもごはん ~じょうぶな体をつくるかんたんレシピ~
マクロビオティックの子どもごはん ~じょうぶな体をつくるかんたんレシピ~

奥津 典子 著
ISBN
978-4-7973-6764-5
サイズ
B5/フルカラー
ページ数
112
価格
1500円+税
出版日
2012/04/28
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


免疫力を高めるごはんとおやつ


忙しいお母さんでも大丈夫。肉・卵・乳製品、精白糖を使わずに、心とからだが元気になる食事を作る知恵を集めました。本書で紹介するレシピを暮らしに取り入れていただければ、お子さんとご自身のうれしい変化を体感できることと思います。

◆内容
免疫力を高めるために最も効果的なのは、食事に気をつけること。玄米や伝統調味料、野菜、海藻類、豆類を食卓に取り入れることで、病気に負けない、じょうぶなからだをつくることができます。

とはいえ、大人とは味覚も消化吸収力も異なる子どもに、大人向けのレシピをそのまま当てはめることはできません。本書では、子どもに必要十分な栄養を届けることができ、かつ子どもがよろこんで食べるレシピに絞って紹介します。

大人向けマクロビオティックと子ども向けマクロビオティックの違いや、時間がないときに手早く食卓をととのえるコツも紹介します。


奥津典子(おくつ・のりこ)
1974年長崎県生まれ。久司道夫氏に師事。日米でマクロビオティックを学ぶ。 2003年より、東京吉祥寺に「オーガニックベース」を立ち上げる。同主任講師。マクロビオティックの基本や応用を学ぶコース、講師のためのキャリアトレーニングなどのクラス、通信講座担当。クラスやさまざまな手段で「効果のある、そして現実の生活の中で実践できる&楽しめる」マクロビオティックを伝えるべく活動している。著書に『Organic Base マクロビオティックと暮らす』(ビジネス社)、『organic base 朝昼夜のマクロビオティックレシピ』(河出書房新社)、『マクロビオティックのお買いもの in ORGANIC BASE kitchen』(技術評論社)などがある。中学校1年生の男の子と小学校1年生の女の子の母。

















企業情報 個人情報について