プログラミング
10年戦えるデータ分析入門 
10年戦えるデータ分析入門 
SQLを武器にデータ活用時代を生き抜く
Informatics &IDEAシリーズ

青木峰郎 著
ISBN
978-4-7973-7627-2
サイズ
A5/1色
ページ数
360
価格
2400円+税
出版日
2015/06/30
電子版を購入
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


現実的な分析手法とは?


本書ではSQLを使った分析の手法、そしてそのためのシステムの構築についてお話しします。なぜならば、SQLは企業において現実的に実現可能な中で最も制約の少ない分析手法だからです。現実的にギリギリ可能な範囲で、でもできるだけ楽をしたい。本書はそんな現実的で、しかしよくばりな要望に対して、SQLという解で答えます。

ビジネスに役立つ分析を行いたいマーケターも、ビッグデータをどうにかしたいエンジニアも、みんなまとめて面倒みましょう。



★第1章の試読版PDFを配布!★
『10年戦えるデータ分析入門 SQLを武器にデータ活用時代を生き抜く』の第1章の試読版PDFを配布致します。第1章では「SQLによる分析こそ現実的」という本書の方針を熱く解説しています。ぜひ、ご試読ください!

>>試読版のPDFはこちら



■目次:
第1部 SQLによるデータ分析
 第1章 10年戦えるデータ分析の技術
 第2章 さわってみようRDBMS
 第3章 簡単! select文でデータ探索
 第4章 すべての分析は集計から始まる
 第5章 関数で自由自在に新しいカラムを作り出す
 第6章 ジョインを制するものはRDBMSを制す――基礎編
 第7章 ジョインを制するものはRDBMSを制す――応用編
 第8章 遅れて来た分析SQL最強の武器――ウィンドウ関数
 第9章 縦と横は難しい
 第10章 アクセスログのセッション分析をする

第2部 分析システムの構築
 第11章 10年戦えるデータ分析システム
 第12章 ビッグデータに立ち向かう
 第13章 SQLバッチの技法

 第14章 本書を読み終えた後に


青木峰郎(あおき みねろう)
前職より大規模データウェアハウス構築の業務に関わり、並列RDBMSに目覚める。現職のクックパッドではビッグデータ分析システム「たべみる」のアーキテクチャ設計から開発までを担当。著書に『ふつうのLinuxプログラミング』『ふつうのHaskellプログラミング』(SBクリエイティブ)『Rubyソースコード完全解説』(インプレス)などがある。















企業情報 個人情報について