SB新書
決算書は「下」から読む、が正解!
決算書は「下」から読む、が正解!
SB新書シリーズ

前川 修満 著
ISBN
978-4-7973-8012-5
サイズ
新書/1色
ページ数
224
価格
800円+税
出版日
2015/03/17
電子版を購入
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


人気セミナー講師が教える革命的速解術!


決算書の枝葉末節にわたる説明は省き、初心者が限られた知識と時間の中で、いかに早く的確に本質だけをつかむかに重点を置いた、「下から目線」で眺める革命的決算書の読み解き方

●決算書はなにも細部まで読む必要はない!
必要に迫られ決算書の読み方を勉強したが、セミナーや本を買ってもなかなか身につかないという人は多い。その理由として、決算書の構造から総花的に解説するものが多く、しかも作り手の目線に立っているからである。ビジネスパーソン、投資家といった立場であれば、作り手目線とは異なり構造そのものを深く知る必要はなく、必要なところだけ的確につかむことのほうが大事であり、つまり枝葉末節にそんなにこだわる必要はない。

●試算表、貸借対照表、損益計算書は「下」から見ればつかみやすい!
著者は、決算書を読むための予備知識として、決算書の前に「試算表」を重要視している。試算表の5項目(資産・費用・負債・資本・収益)をつかみ、それぞれの大小から会社の経営状況のよしあしを感覚的につかむところからはじめ、貸借対照表・損益計算書の中の「合計」を著す「下」の項目から「仰観」する見方をすすめている。決算書を上(最初)から見るのではなく、見るべきポイントをおさえつつ「仰観」することで、推測しながら読み解きやすくなる。たとえば「増収減益」「最終赤字」などの要因の仮説が立てやすくなる

●人気セミナー講師が教える決算書の革命的読解術!
決算書読み方セミナーで、そのわかりやすさで好評を博している人気セミナー講師が、初心者に最適な「読み手目線」の新しい決算書の読み方を伝授する。

■目次:
第一章 「試算表」がわかれば決算書はコワくない!
第二章 試算表は上下に切り離されて決算書になる
第三章 「下」から読む損益計算書
第四章 「下」から読む貸借対照表
第五章 「下」から見ると危険! 頭でっかちの項目(1)経営のカギを握る売上債権
第六章 「下」から見ると危険! 頭でっかちの項目(2)経営のカギを握るたな卸資産
第七章 「下から目線」で読む! 倒産危機から再生した会社の決算書


前川 修満(まえかわおさみつ)
1960年金沢市生まれ。公認会計士・税理士。日本証券アナリスト協会検定委員。同志社大学卒。澁谷工業、KPMG港監査法人(現、あずさ監査法人)を経て、フリーに。2006年にアスト税理士法人を設立。代表社員に就任し、現在にいたる。日本税務会計学会会員。著書に『決算書はここだけ読め!』『危ない会社は一発でわかる』(以上、講談社)などがある。


SB新書

ISBNで検索
4-7973--X 

















企業情報 個人情報について