SB新書
老後ひとりぼっち
老後ひとりぼっち
SB新書シリーズ

松原 惇子 著
ISBN
978-4-7973-8820-6
サイズ
新書/1色
ページ数
200
価格
800円+税
出版日
2016/09/06
電子版を購入
試読版
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


ひとり老後のプロが教える幸せ老人のなり方


“ひとりの老後を応援する会”の代表が教える「幸せ老人の生き方」。

もはや結婚が老後の保障ではなくなった時代。
配偶者がいなくても、子供がいなくても、お金がなくても幸せ老人がいる一方、配偶者がいても、子供がいてもお金があっても不幸な老人もいる。
著者は、20年間、おひとりさまの会の会員1000人を見続けてきた、“ひとり老後”のプロ。
これまでの経験から、さまざまな実例をもとに、ひとり老後の明暗を分けるものは何かを探り、「ひとりでも幸せに生きるノウハウや秘訣、裏ワザ」を公開します。また、“ひとり老後”に群がる「保証人ビジネス」の問題や、ひとり世帯に冷たい日本の制度についても、詳しく言及します。

■目次:
第1章 「老後ひとりぼっち」時代の到来
第2章 「老後ひとりぼっち」の現実
第3章 誰もがなりうる「老後ひとりぼっち」
第4章 「ひとり」に冷たい日本
第5章 「ひとり」に群がる身元保証ビジネス
第6章 悲惨な「老後ひとりぼっち」にならないために
―今から押さえておくべき20のこと―


松原 惇子(まつばら じゅんこ)
ノンフィクション作家。
自称、元気の配達人。1947年埼玉県生まれ。
昭和女子大学卒。39歳のときに、『女が家を買うとき』(現在・文春文庫)で作家デビュー、
3作目の『クロワッサン症候群』はベストセラーになる。
一貫して「ひとりの生き方」をテーマに、執筆活動、講演活動を行っている。
1998年に、おひとりさまの「終活」を応援する団体、NPO法人SSS(スリーエス)ネットワークを立ち上げる。
2005年には、自らの父親の葬儀を通して投げかけるドキュメンタリー映画「わたしの葬送日記」を制作、トロントで開催された北米最大のドキュメンタリー映画祭に招待される。
松原節と言われる本音でユーモアたっぷりの講演会は人気だ。
著書に『「ひとりの老後」はこわくない』(海竜社刊)、『60歳からの自由な生き方』『30代にしたいこと 30代だからできること』(PHP文庫)ほか多数。


SB新書

ISBNで検索
4-7973--X 















企業情報 個人情報について