発売日 2019年07月06日(土)

孤独こそ最高の老後

著者名:松原 惇子(著者)

¥830(税別)

ISBN:
978-4-8156-0147-8
サイズ:
新書
ページ数:
200
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・松原 惇子

1947年、埼玉県生まれ。昭和女子大学卒業後、ニューヨーク市立クイーンズカレッジ大学院にてカウンセリングで修士課程修了。シングル女性の今と老後を応援する団体であるNPO法人SSS(スリーエス)ネットワーク代表理事。シンガーソングライターや映画製作の活動も行い、自らが孤独な老後を充実していることを体現している。 『女が家を買うとき』(文藝春秋)で作家デビュー。一貫して「女性ひとりの生き方」をテーマに執筆、講演活動を行っている。 他の著書には、『「ひとりの老が」はこわくない』(海竜社)『老後ひとりぼっち』(SBクリエイティブ)、『クロワッサン症候群』(文藝春秋)などがある。

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

  • coldsurgeon

    老後の孤独というのは、孤立ではない生き方をすれば、良い生き方なのかもしれない。同居する人の心に忖度せず、自分の心の平安を大切にして生活をすることは、妙なストレスを感じず、生きていける。ひとつの考え方として、尊重したい。 続きを読む

  • skr-shower

    家族用図書館本。孤独と孤立は違うのだけど。入居金の高い老人ホームの世話にならずに生きたい。 続きを読む

  • May

    老人ホームが姥捨て山のようになっているらしいです。家族が来るのは最初だけで、その次に来るのが死んだ時という老人もいます。 ホームが明るい雰囲気になるのは、見学者や関係者の訪問日だけ。入居者達も気を遣ってニコニコしているそう。ホーム内で嫌われたら逃げ場が無いので、スタッフにも愛想よくせざるを得ない。ここは独房のようなもので、施設の生活を楽しむ人もいるだろうが、表面上楽しく見えても心の中では寂しい人も多いと書かれていました。 老人ホームで生活する者の不自由さを初めて知りました。 続きを読む

すべてのレビューを読む