発売日 2019年07月06日(土)

孤独こそ最高の老後

著者名:松原 惇子(著者)

¥830 (税別)

ISBN:
978-4-8156-0147-8
サイズ:
新書
ページ数:
200
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・松原 惇子

1947年、埼玉県生まれ。昭和女子大学卒業後、ニューヨーク市立クイーンズカレッジ大学院にてカウンセリングで修士課程修了。シングル女性の今と老後を応援する団体であるNPO法人SSS(スリーエス)ネットワーク代表理事。シンガーソングライターや映画製作の活動も行い、自らが孤独な老後を充実していることを体現している。 『女が家を買うとき』(文藝春秋)で作家デビュー。一貫して「女性ひとりの生き方」をテーマに執筆、講演活動を行っている。 他の著書には、『「ひとりの老が」はこわくない』(海竜社)『老後ひとりぼっち』(SBクリエイティブ)、『クロワッサン症候群』(文藝春秋)などがある。

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

  • かっこいい孤独な老女を目指そう!

    5.0
    バボちゃん

    著者が理事を務めるNPO法人の活動を通して、リアルな老後の孤独について記載されているとともに、対応策も書かれている。こういうのが欲しかったんです。老後の生き方については、これからも刻々と変化していくでしょう。ひょっとしたら、10年後に読んだら「今はもう違うけどね」となっているかもしれない。でも、今現時点でのリアルを書いたことには、とても意味があると思う。著者に執筆を依頼した編集者に感謝します。

すべての1レビューを表示