発売日 2001年03月12日(月)

経営リスクとセキュリティ・ポリシー
ISO17799、ISMS認定の実際

著者名:楠 正宏/川西宏昌 ㈱日本総合研究所セキュリティコ(著者)

¥1,900(税別)

ISBN:
4-7973-1501-6
サイズ:
28D2349A-6F6A-46A1-A52D-2269DF4E8A68
ページ数:
246
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・楠 正宏/川西宏昌 ㈱日本総合研究所セキュリティコ

Twitter

Unable to load Tweets

  • 間違った対策に、軽視・責任転嫁・技術偏重・一過性対策・過剰厳重・大盤振る舞い・ケチがあげられている。EOC、POS、EC、CALS、SCM、CRM、EPRの必須IT用語書かれている。損失は直接・間接・対応事後説明があり、リスクは損失予想額と損失発生の確率の積である。GIMITSはITセキュリティマネジメントをIT管理者に向けて指針することを示すらしい。海外では、c:cureやCC認定/CEMがある。予防・防止・検知・回復のどこでも経営ができる。目標と目的の明確化はどこでもいつでも重要である。 続きを読む

すべてのレビューを読む