発売日 2007年03月15日(木)

アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女

著者名:田中 桂(著者) 凪良(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-7973-3709-9
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
312
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・田中 桂

イラスト・凪良

Twitter

Unable to load Tweets

  • 小説版アルトネリコはゲームの設定に忠実な仕上がり

    5.0
    クレイス

    この小説の時間的な位置は原作ゲーム版アルトネリコ1の後の話となっています。ゲーム版アルトネリコ1の物語の核心が語られている場面があるので、小説をゲームよりも先に読むのはオススメ出来ません。何よりも沢山の専門用語が登場するので、ゲームを先に体験していないと、小説が十分に楽しめない可能性があります。OVA版アルトネリコのオリジナルキャラクター(ゲーム内では名前だけが確認できる程度)が登場していたり、アルトネリコ1の設定集と微妙にリンクしていたりと、バンプレスト&ガスト監修は伊達ではないと感じました。もちろんゲームの主な登場人物も、まんべんなく顔出ししています。小説の表紙からもわかるように、ゲーム版アルトネリコシリーズ同様の凪良さんがイラストを描いています。表紙だけではなく、巻頭のカラーイラスト数点と本文の挿絵も全て凪良さんが描いているので豪華です。凪良さんのイラスト目当てで購入してみるのもアリかもしれません。ゲームをプレイして面白かったと感じたなら、この小説を読まないのは勿体無いと思うので、未読の方はぜひ。アルトネリコの世界をより深く知ることが出来ると思います。

  • 5.0
    Amazon Customer

    この作品はゲーム版アルトネリコ1では描かれなかった各キャラクターの視点で物語を展開しておりなおかつゲーム中に想像していたキャラクターのイメージ通り描かれていたので自分は大満足でした。アルトネファンの方にはぜひともお勧めの一品です。

  • 祝初ノベル

    5.0
    天魔銀

    大人気作品アルトネリコの初ノベルです!ミュールとの戦いの後の話しです!小説オリジナルストーリーなのでゲームをプレイした人、プレイしていない人でも十分楽しめますよ!自分はこのゲーム大好きなので嬉しい作品です!!ゲームをやってない人は是非プレイして下さい!

すべての3レビューを表示

  • ノイス

    タイトルは原作ゲームと同一だが、内容は最終盤の一場面を切り取り一騒動増やしたもの。トータルコマンドの土屋さんが監修していることもあり、世界設定や用語の扱いは素晴らしく丁寧で、単純にゲームが光の三原色の代わりに紙に文字という風に形態を変えただけという気さえした。本筋ではないがラードルフに強めのスポットライトを当てつつ、その本筋にはコスモスフィアやバイナリ野まで登場させたりと濃厚な構成。アヤタネがおいしいところを持っていく。時に、三作目をやっているとSHサーバーなど思い当たるところがあるので面白い。 続きを読む

  • エン

    物価高騰と雇用問題という社会問題に取り組むお話です 続きを読む

  • かさ

    アルトネリコのファンなら普通に楽しめますよ。シュレリア様!! 続きを読む

すべてのレビューを読む