発売日 2009年03月15日(日)

アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩

著者名:富松元気(著者) 凪良(イラスト)

¥640(税別)

ISBN:
978-4-7973-4571-1
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
304
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・富松元気

イラスト・凪良

Twitter

Unable to load Tweets

  • すごく感動した。ゲームの補完本としてとても素晴らしい。文章も読みやすく心理描写も丁寧。惜しむらくはこれがゲームのラスト周辺にスポットを当てて書いたノベライズだったということかも。最初から最後までをこの人の小説として書いてもらいたかった。現在の御子ふたりのメタファリカ前夜の様子もリアリティがあり、クローシェとルカの互いの強さと弱さ、民衆の指揮を取る立場の苦労がわかって応援したくなる。反面、初代御子たちの想いと過去の結末が悲しくてならない。インフェルが切ない。 続きを読む

  • 水瀬しあ

    PS2のゲーム、アルトネリコ2を基にした小説。ラスボス戦後からエンディングまでの裏話が、400年前の御子の回想を交えながら語られます。メタファリカに向けて、御子と人々の揺れる思い。何かに、誰かに対する思いというのは肯定的なものだけではいられなくて、身勝手な思いが誰にでもあって。そうやってすれ違いながらも世界を作っていく過程に、何故か泣きそうな気持ちになります。それにしても、インフェルが物凄く好きで、悲しい。 続きを読む

  • まじでゲームちゃんとプレイしてから読むと本当に泣ける。もともとこのゲームの世界観、音楽、ヒロイン2人の設定やらすごく好きなのですが一人の力の無力さとか一人では乗り越えることのできない恐怖とか…心の中を全て見られる恐怖と死ぬかもしれない恐怖をお互いに支えあってメタファリカを紡ぐクローシェとルカに感動しました。最後にインフェルが切なくて切なくて。ストーリー全体を見て嫌いなキャラが一人もいないっていう大好きな話です。 続きを読む

すべてのレビューを読む