発売日 2011年03月15日(火)

アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く(下)

著者名:富松元気(著者) カバーイラスト・口絵 凪良() 挿絵 辻田裕子(ガスト)()

¥670(税別)

ISBN:
978-4-7973-6415-6
サイズ:
文庫
ページ数:
384
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・富松元気

・カバーイラスト・口絵 凪良

・挿絵 辻田裕子(ガスト)

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

  • 注意・内容バレ含みます

    3.0
    石川朔也

    誤植(誤字)が多い、そこだけが残念。それ以外は、「ここまでゲーム内に収録してほしかった!いや、アルトネリコ3に詰め込めとは言わないから、外伝かアルトネリコ3.5的な感じで出してほしかった!そのヒュムノス聴いてみたい!!実際にゲーム内で動いているキャラクターが見たい!!」と感じられる、塔の管理者(“レーヴァテイルα体三姉妹”の方がこの場合は的確かな?)の心の交流と、ティリア復活までの技術的問題に対する『1・2・3のメインキャラ&サポートキャラ』らの挑戦の物語だった。ドラマCDティリアsideの前日譚をしっかり描き切った作品だと思う。しかし、サキが星の意思から切り離されるのは確定なのか…確か、アルポータルでは「切り離されなかった場合は、十何年かしたら星に還ってる」っぽいコメントがあった(加えて、他のヒロイン選んでサキのダイブが比較的浅い場所で終わってると、サキが星の意思から切り離されたっぽく見えない)から、その辺どっちにでもとれる書き方だったら尚嬉しかったな、とは思う。

すべての1レビューを表示

  • KEI

    購入。素晴らしい!これはシリーズ正式の続編。そして結末と考えてもいいだろう。幾分、ご都合主義なところもあったにはあったが、それはもう気にしない。全員に見せ場があり、全員が各本編ゲーム以上に全力であがいてあがいてあがききった。こう3作品通してみると、メタ・ファルスは少し規格が違う。表紙のフレリア(右の子)も一人だけ有機的な格好だし。そもそも、使用されるヒュムノスが違うのだから、文化レベルで違うのは当たり前なのだろうか。クロアも他の主人公sよりスペックから違う気もするし。とてもファンには美味しい上下巻でした。 続きを読む

  • ノイス

    さすがはアルトネリコ、行程の全てが順風満帆とまではいかない。しかし、それだけを覆せる主要人物たちの人間関係と想いが、新しい対策やキャラたちが出てくる度にひしひしと感じられた。ゲームのノベライズは実に多いが、ここまでスタッフの愛を感じる構成のものはなかなか無いのではと思う。ところでクルトヒュムネスをランダム再生しながら聞いていたのだが、丁度 Ec Tisia を聞き終わった時に読了できた喜びは、曲を知っている方なら分かるはず。EXEC_NEARZENVA/.の楽曲化を望みたい。 続きを読む

  • masayuki00

    本作では他のオリジンとの接触が、さーしゃ博士の発明によって実現しています。彼女らに「お姉ちゃん」と心から甘えるティリアが可愛すぎる。3しかプレイしていないせいで、1,2のネタがわからなかったのが残念でした。クソフレ様はいません… 続きを読む

すべてのレビューを読む