発売日 2009年01月21日(水)

[SiBOOK]ぶつりの1・2・3
誰でも解ける!センター物理「力学」の3ステップ解法

著者名:桑子 研(著者)

¥1,524(税別)

ISBN:
978-4-7973-5044-9
サイズ:
F9728CB7-743E-4D0D-B674-F9F0B790A7AC
ページ数:
240
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・桑子 研

Twitter

Unable to load Tweets

ぶつりの123"]
  • 読みやすい

    5.0
    mnknmnm

    橋元先生の「物理をはじめからていねいに」と併用すると楽しく学習できる。物理が苦手な人への愛を感じる。名著。

  • 5.0
    エリンギ

    文系だけど、教員採用試験や就活で理数が必要という方におすすめです。また、物理を本格的に習ったことはないけど興味がある、という方にはまず読んでもらいたいです。公式の丁寧な解説・図がたくさんあり、私のように理系科目に苦手意識を持っている人でもとっつきやすかったです。例示も具体的で身近なものなので、机上の知識に終わらず、日常の生活で役立てられるヒントがたくさんありました!展開は「講義の実況中継」のような感じで、とてもわかりやすい口調・言葉で書かれています。巻末に練習問題がついているので、復習もちゃんとできます。1つの分野に関して、これだけ詳細に書いているものはめったにないと思います。「物理=難しい」というイメージを変えてくれる一冊です。

  • 見やすい構成

    5.0
    nakata

    まず、表紙が可愛いので物理が怖い人には手に取りやすいと思います。ページ数はまぁまぁありますが、1ページの情報量が少なめで構成も簡潔。するする読み進めます。公式の成り立ちの説明が非常に分かりやすいので、公式の使い方を理解しやすいです。そしてなによりも図(絵)が可愛いので勉強が苦になりません。物理が苦手で逃げてきた人には最高の参考書ではないかと思います。

すべての11レビューを表示

  • おおにし

    受験用参考書ではないので、これだけではセンター試験対策にはなりませんが、物理が苦手な人でもこの本から始めると物理が少し好きになるのではないかと思います。問題に糸で吊り下げられた物体が出てきたら、まず物体に顔を描いて物体の気持ちになり、物体がグミだと想像して物体が伸びた方向に力が働いていると見なすと、物体に働く力(ここでは張力)を見つけることができるという教え方はとてもわかりやすいです。この「ぶつりの1・2・3」、光学や電磁気など高校物理の全範囲でシリーズ化してほしいですね。 続きを読む

  • オランジーナ@

    物理の本ではわかりやすい部類に入ると思う。 続きを読む

  • えぬ

    ぶつり特に、力学のスタートに読むといいんじゃないかな??生徒が自分で読んでわかる基礎の本。 続きを読む

すべてのレビューを読む