発売日 2010年03月16日(火)

本当の「私」が見つかる心理テスト
自分の‘本能’に気づけば、必ず幸せになれる

著者名:中嶋 真澄(著者)

¥1,000(税別)

ISBN:
978-4-7973-5571-0
サイズ:
41ADCF4C-4972-404D-9AD6-B712A92B54F2
ページ数:
232
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・中嶋 真澄

Twitter

  • 目からうろこが落ちませんでした

    2.0
    Amazon Customer

    「この本を読み終えたころには…まさに、目からうろこが落ちるような驚きをもって気づかれることでしょう。」と本書の“まえがき”にありました。さっそく、36項目の心理テストに答え、本当の自分とは、如何なるものかとテストしてみました。著書の先生、曰く、人間は大きく分けて3つの本能(性格のようなものと捉えて下さい!)に分けられるのだそうです。下記に記したものが、3つの本能の、おおよその意味です。(1)好奇心旺盛で、物事に情熱的に取り組む、一点集中型タイプ(2)家に籠りがちで、友達付き合いも少ない保守的タイプ(3)社交性があり、つねに人とのつながりを求める協調性型タイプ本書の表題に、「自分の“本能”に気づけば必ず幸せになれる」とありましたが、私の場合、自分が3つのうちのどの本能に該当するのかが、一目瞭然でわかってしまったのです。なぜならば、私は、内向的で家に籠りがちな性格であることが、あらかじめ、自分で自己分析できていたからなのです。当然、結果は(2)です。私みたいな性格の人間が、(3)のような協調性あふれる社交的タイプの人間でないことは、火を見るより明らかなのです。よって、新しい発見!という点においては、残念ながら、それほどの新鮮味が感じられませんでした。でも、これって、私以外の皆様も、自分は、“情熱的(熱血)タイプ”なのか、それとも“人付き合いが苦手なタイプ”なのか、はたまた“社交的(協調性がある)タイプ”なのか、ぐらいのおおまかな性格分析は、それなりに出来ているのではないかと思うのです。著者は、当然、心理学を長年研究されてきた大変、権威ある先生なのでしょうから、本文の内容には、真摯な態度で受け止めなければならないのでしょうが、それでも残念ながら、本書を読んで、目からうろこが落ちるような驚きまでには到らなかった!というのが、私の率直な感想です。

  • 5.0
    NA

    自分のことがわかり、どんな行動を取れば、今の苦しい状況から脱する事ができるかがわかる。それも、とても簡単な方法で、自分を辛くしている思い込みが、勘違いだったかもしれないと思えてきた。私は、社会性が低かったので、社会性を育てる事が課題だという結果でした。実際、引きこもりがちで、人が自分を嫌っている、冷たくされる、馬鹿にされる、怒られる、イライラされる、と感じると、とても辛くてしょうがなかったし、より人を信じられなくなるという悪循環が起きていた。妄想が妄想を呼んで、疎外感や孤立感を感じていた。でも、本書に書かれてある方法を試したところ、自分の気持ちが楽になるのを感じられた。久しぶりに相手に連絡してみると、私が思い悩んでいた事は、相手は気にしていなかった。すべての人がそうとは言えないかもしれないけれど、自分から心を開いてみれば、案外、勘違いだったり、誤解が解けたりして、心がほぐれたり、繋がれるものなのかもしれないと思えた。自己分析は、余計に辛くなるから止めた方がいい、とカウンセラーはよく言うけれど、私は、どうしても楽になりたくて、本書を読んで、自己分析・自己診断をした。結果、自分のどうしても読みたいという気持ちを大切にしてよかったと思った。鬱の渦中にある人は、自己分析をすると、辛くなってしまうかもしれないが、自分を責める材料にしないでいられるのであれば、自己分析も現状を改善するための道しるべになるのだと改めて思えた。

  • レビュー対象商品: 本当の「私」が見つかる心理テスト 自分の’本能’に気づけば、必ず幸せになれる (単行本)

    Calmmy

    書店に出向き何気なく見かけ手にとってさわりを少しばかり読みました。最初のうちは興味本位で読んでおりましたが、読めば読むほどその内容の濃さに知らずしらず没頭している自分に気づくまでしばし時間がかかりました。自宅に戻り、早速この本をネット注文し購入しました。自分の本質を知る本をと考えると、多くの学者がそれぞれの見地から様々な本が出版されていますが、とても難しく理解して読破するには大変なことで途中リタイヤすることが殆どです。その点、とてもわかり易い表現で読者に対し問いかけてくるので、その質問の情景がすぐに思い浮かび自分に当てはめることができました。また、各セクションの解説が理解しやすく表現されているので今まで読んだ本の中では一番わかり易いと感じました。読破するまでの時間は短くすみ、内容も頭の中に明確に残るので素晴らしいと思いました。ページが進むにつれ自分自身の頭の中で考えている一面の確認、今まで自分自身気づかなかった一面を発見する、見え隠れしていた一面の判断材料としての役割を十分果たしているように思います。この本を読んだことで、今後の生き方について何かヒントを貰ったように思います。何か壁にぶつかった時また読み直して活用していきたいと思っております。

すべての5レビューを表示

  • あー

    ざっくりしか読んでないけど納得できるものが多かった。 続きを読む

  • toshiyuki83

    ひととおりやってみたけど、同じ時間をかけるなら、エニアグラムのほうが有意義なように感じた。あくまで補助的な内容に感じる。 続きを読む

すべてのレビューを読む