発売日 2010年04月21日(水)

ゲームのアルゴリズム 改訂版 思考ルーチンと物理シミュレーション

著者名:橋口 ゆうすけ(著者)

¥2,600(税別)

ISBN:
978-4-7973-5925-1
サイズ:
28D2349A-6F6A-46A1-A52D-2269DF4E8A68
ページ数:
376
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・橋口 ゆうすけ

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

  • 今回は余り役に立たなかったが・・・

    4.0
    T.S.

    チェスとアクションゲームを組み合わせたゲームを作ろうとおもって購入しましたがチェスどころかオセロの思考ルーチンの実装すらもなく今回は余り役に立ちませんでした。でも色々勉強できたので4とします。

  • 5.0
    タナカさん

    私はプログラマーでもなんでもないのでサンプルコードをみてもC言語も触ったことないのでわかるわけがない。そもそもコードって何? っていうレベルという人です。ゲームについて興味があったので買ってみました。具体的にいうとゲームをつくるのにプログラムは必要ってのはわかるけど、実際何を考えて作られているのか。そこに興味がありました。本書では、ゲームをつくる上で必要な考え方が紹介されています。(技術的なことを学ぶ本ではない)ですので、まったくプログラムがわからないその仕組みと考え方を知りたい自分にとっては良い本です。いくら優れたプログラムを書く技術があっても本書にあるような事を置き去りにするとプログラムは書けてもゲームはつくれないと思いました。一応ですが、併読はネコでもわかるC++プログラミング第二版です。

  • レビュー対象商品: ゲームのアルゴリズム 改訂版 思考ルーチンと物理シミュレーション (単行本)

    ケバブ好き

    コンピュータをどうやって動かせばいいかや、学習するAIの作り方、物理を導入したリアル動作を実現する為のプログラミングなどをイラストをふんだんに使って表している為、初心者にも分かりやすい記述となっています。将棋・レース・シューティングなど、さまざまなゲームジャンルに対応したプログラミングができることもウリの一つでしょう。ただ一つ問題なのが、サンプルソースが乱雑で見づらいこと。コメントは丁寧につけられているのですが、ソースのステップのまとめ方がうまくなく、理解するまでに時間がかかりました。理論だけを学ぶのであれば、その点は心配無いのでしょうが、私のようなサンプルソースを参考にする人にとっては残念な点でした。

すべての4レビューを表示

  • サンセット

    ゲーム全般を幅広く扱いすぎて、特定の何かを作るにはあまり役に立たない印象。 続きを読む

  • カードゲームのアルゴリズムについて知りたくて購入した。カードゲームに関する記述はほんの一部だけだったが、アルゴリズムというか思考ルーチンについて、平易に記述されていて分かりやすかった。「リバーシのアルゴリズム」という本よりも、アルゴリズムの考え方はわかりやすかった。 続きを読む

  • hiro_78

    流し読みしました。 続きを読む

すべてのレビューを読む