発売日 2011年09月29日(木)

Unity入門 ~高機能ゲームエンジンによるマルチプラットフォーム開発~

著者名:高橋 啓治郎(著者)

¥2,700(税別)

ISBN:
978-4-7973-6533-7
サイズ:
B5変/1色
ページ数:
332
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・高橋 啓治郎

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

  • 新しいゲーム制作の形。

    5.0
    MA/PA

    基本について良く書かれており、参考になりました。応用するのは自分次第です!

  • 4.0
    ペコリーノ

    コードは javascript で記述されています。5章では、シンプルな内容ながらゲーム制作の要所を押さえています。まずは本体となるゲーム部分から創り、得点・結果・開始といった必要なシーンを追加して、一つのゲームを完成させています。改良や見え方を工夫すれば、3D版 Angry Birds のようなゲームもできるかもしれません。Unity を使う大きな利点のひとつはマルチプラットフォーム(移植性)だと思います。モバイルプラットフォーム(iOS/Android)への移植が記載されている点も◎です。いままで独学で Unity に触れてきた方は、間違った解釈や曖昧だった箇所があるかと思います。本書で確認や新たな発見ができるかもしれません。また、所々にポイントが書かれており、そこを押さえることで理解が深まります。紹介されている機能は一部ですのが、Unity 入門としては進め易いと思います。ゲーム制作やプログラミングの知識が全く無い方はつまずくかもしれませんが、Unity はゲームを創る醍醐味を味わえる画期的な開発環境だと思います。

  • まさに入門書

    5.0
    こまどり

    すばらしい"入門書"です。Unityはネットなどで少ないながらも解説がされていますが、どうしてもある程度の基礎知識があることが前提になっていることが多々あります。しかし、本書は完全に入門者向けに解説がされていて気持ちよく読み進められます。とりあえず、Unityを触ってみたい!という人にはお勧めです。この本を選ぶ上で注意してほしいところは……・入門書なので深いところまでは解説されていません。・スクリプトはJavascriptで解説がされています。・PCの知識が乏しいとさすがに読み進められない。

すべての11レビューを表示

  • 職安太郎

    わからん 続きを読む

  • スバル

    Unityで簡単なゲームを作りながらの3Dゲームの基礎が学べます。 ただUnity4に対応してないところもあるので注意。 続きを読む

  • Atsushi Izumihara

    さっくりと読めました。JavaScript版なので、次はc#版を読みたいです。 続きを読む

すべてのレビューを読む