発売日 2011年10月15日(土)

あやかしマニアックス!

著者名:夏希のたね(著者) 犬洞あん(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-7973-6694-5
サイズ:
文庫
ページ数:
288
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・夏希のたね

イラスト・犬洞あん

Twitter

  • 妖怪[あやかし] 変態[マニアックス]!

    4.0
    Amazon Customer

    著者である夏希のたね氏が大変苦労して修正したらしい受賞作。タイトル通りの変態妖怪たちのオンパレードとなっています。主人公はラノベでは王道とも言える、力を隠し持った退魔師の少年。登場人物の中心である妖怪が色物ばかりなので目立たなくなっていますが、シナリオは王道作品だと思います。そのため、割と読みやすく感じました。残念なのは従兄妹の存在。あまり可愛くないというより、描写が暴力側に寄っているために可愛い部分が隠れてしまっている感じです。対照的にメリーさん(ロリ)や、亜里沙(表紙の少女)の可愛さが際立っています。先にレビューされている方同様、オチは驚かされました。話の途中の一部描写からそういう感じの関係なんだろうとは思っていましたが、まさか本当のほうだとは…続きはどうするんでしょうか?気になるところですが、そもそも続きが出るのかが分かりません。思っていたよりも楽しめたので出して欲しいですね。あと、この作品といいMF文庫Jのふぉっくすている?といい、犬洞さんは妖怪ものに縁がありますね。

  • がのたん

    端的に言うと、かんなぎ家、変態王子、バカテスを混ぜ込んだような作品。会話メインで、ややくどいツッコミと解説。基本的に盛り上がらないのに、そのくせ妙な疾走感と爽快感はある。個人的には1年かけてこれかよとしか言えないかな。ネタ的にも先読みできてしまう稚拙なもので、それほど中身はない。ただ、主人公とヒロインの関係は、一部予測を超えたものであったがw気軽に読めるという意味ではラノベを読んだことのない人にはお勧めできそう。

すべての3レビューを表示

  • KUWAGATA

    あまり期待していなかったのですが楽しめました。キャラがみんな可愛いし、敵(?)の妖怪もユーモラスで、一応異能バトルものでありながらちっとも殺伐としていなかったのが、個人的にはよかった。キャラ同士の会話の掛け合いも楽しく、あっという間に読めてしまいました。ただ、物語の軸はちょっと曖昧かな? 最後に出てきた人物と主人公との、本当ならもっと衝撃的なはずの出会いも、ちょっとあっさりすぎたかと。それでも楽しい内容です。もちろん継続します。イチオシはなんといってもメリーさん。超カワイイ!抱っこしたい! 続きを読む

  • コリ

    ラスボス、真ヒロインであるメリーさんとのやり取りが気に入った(笑)もっと本編に関わってくれると嬉しいなー。冗談抜きにエピローグはビックリ。これから面白くなりそうなので続刊期待! 続きを読む

  • ぽぺ

    第3回GA文庫大賞(奨励賞受賞)作品との帯で手に取って眺め、裏表紙のメリーさんのセリフに書店店頭で笑わされてしまったので購入。主人公がツッコんでくれるだけで安心してしまうので好きな基本構成なのかもしれない。ありがちといえばありがちな設定なのだろうけど、出てくるあやかしはみんな変態だし、色々と笑えたので、気軽に楽しめた。落ちの「ヒロインが実は○でした」も読めてしまったが逆に安心したくらいだし、他の妖怪たちと合わせて背徳的であることに理由付けもされていたのが好印象。実○は、ね。メリーさんは可愛いと思う(笑) 続きを読む

すべてのレビューを読む