発売日 2012年05月15日(火)

神曲奏界ポリフォニカ エイフォニック・ソングバード

著者名:榊 一郎(著者) カントク(イラスト)

¥620(税別)

ISBN:
978-4-7973-6985-4
サイズ:
文庫
ページ数:
328
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・榊 一郎

イラスト・カントク

Twitter

Unable to load Tweets

  • いかずち

    ポリフォニカは初読。最初読んだときはキャラクターがごっちゃになって大変だったのだが、別の日に続きを読んだら大丈夫だったので読む側の問題だったのではないかと思う。あまり大きな展開はなく、等身大レベルの描写に終始。リア関係など描写不足感を感じる点も多く、もったいないなあと思った。 オススメ度:★★★☆☆ 続きを読む

  • ドル箱

    さて感想いきましょう。赤のスピンアウト作品だが「赤」本来の「根底」は崩れてない。「情愛を紡ぎ出す言霊=サウンドの集合体」を「テーマ」としたポリフォニカ・シリーズ。ベテラン軽小説家だけあってキャラの配置や編集、起承転結も無難だが、今回は根底の「精霊とヒトの倫理観」は薄いねぇ~。榊一郎は私にとって「赤ポリフォニカ」だけは読みます。根底にある「倫理感」をどう描くのかだけを「注目」しているに過ぎないのですが(他の作品は読んだ事は無いし興味すら無い)続きは在りそうなので「続行」しましょう。「合奏」の発想は良かった。 続きを読む

  • 1_k

    榊先生+カントク絵。何この黄金の布陣は。私、ポリフォニカシリーズは未だ全く手を付けていないのですが、それでも充分引きこまれました。なんかもう、音楽の話なのにメインヒロインの耳が聴こえないとか、相方となる主人公は挫折しかかった優等生とか、この設定で面白くならないはずがない内容。企画がたった段階で勝利は確実。約束された勝利の企画。そしてもちろん、榊先生の安定の筆により良作となって出版されましたとさ。難を一つつければ、キャラが無駄に多すぎる気もしますが。続巻で活躍してくれるのでしょうね。 続きを読む

すべてのレビューを読む