発売日 2013年02月15日(金)

反抗期の妹を魔王の力で支配してみた。3

著者名:日日日(著者) 焔すばる(イラスト)

¥650(税別)

ISBN:
978-4-7973-7281-6
サイズ:
文庫
ページ数:
416
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・日日日

イラスト・焔すばる

Twitter

Unable to load Tweets

  • 妹を魔王の力で支配…してないよね、やっぱ

    4.0
    Hino

    タイトルに偽りアリな第三巻、テツローの故郷ヤマトが舞台です。決死の覚悟で旅立つパーティですが、ぶっちゃけノリは観光旅行で雰囲気は明るめ。今回クダラがかなり先生で、お兄ちゃんで、主人公してます、フラグも立てまくりでモテモテ、一巻の頃と比べると別人w一巻でミカリン達にコテンパンにされたあの娘がまさかの再登場、ミカリンの代わりにツンデレしてくれますwただ、やはり今回も魔王の力の扱いがイマイチで、上手く設定を生かせてない感じ。この設定ならコードギアスみたいな展開だって可能なのに、もったいない。後半のバトルも結構急なうえに少年漫画的な展開で、置いてけぼりを喰らう、かも?ヒヒヒの作品じゃいつものことだけど。と、不満点も書いたけどこれが日日日クオリティ、完璧じゃない、でもそこがイイw色々裏で暗躍してる人達もいるし、お話はまだまだ続きそう、次巻以降に期待です。

すべての1レビューを表示

  • シュエパイ

    いまさら何だけど、礼儀作法科って、何を目指す科なんだろう……? 狂った英雄・剣神の、世界が付いてこれない様は、哀れで悲しいなぁ。。。最後の剣舞は、楽しかったかな?そうだったら、いいな。 そして暗躍する英雄・勇者と、暗躍する英雄・魔王の娘か。わりと碌でなしぞろいだな、英雄・・・ 続きを読む

  • Yobata

    テツローが主の命によって仲間を置いて故郷『ヤマト』に帰参してしまう。ヤマトの国は現在鎖国状態の不穏な空気を纏っており、さらにあの『剣神』サビヒメがなにか企んでいるらしい。勇者の依頼も合間ってテツローに会いに問題児と共にヤマトへ向かうことになったクダラは列車の中でヤマトの軍人と出会う。一方テツローは入国後、剣神を名乗る輩に15回も襲われていて…。ヤマト,テツロー回。サイボーグでもあるテツローが何故生み出されたのかがヤマトを舞台背景に明かされる。いやぁさすがの日日日クオリティで内容はかなりハード。王族と→ 続きを読む

  • シンヤ

    キナ臭さも出しつつ安定したテンポのいい作品です。シリアス、ギャグ共に個々には楽しめますが、バランス感がちょいと。ちょいと棘が足らず物足りなさと、伏線は回収されていたけど終盤の駆け足さがやや物足りなかった印象です。ですがそれでいて楽しめました。主軸、心理描写と行動原理がしっかりしているので楽しめます、やはりタイトルで損をしているかなと。下ネタがそこまで引っかからないけど、本編とのギャップ落差が気になるところですね。ミルキェ…殆ど出なかったけどギガフレアが一番好きです。意外性、毒が足りないけど安定しています。 続きを読む

すべてのレビューを読む