発売日 2014年02月25日(火)

正しい歩き方をすれば腰痛・ひざ痛・肩こりは9割治る!

著者名:酒井慎太郎(著者)

¥1,000(税別)

ISBN:
978-4-7973-7588-6
サイズ:
B6変/1色
ページ数:
176
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・酒井慎太郎

酒井 慎太郎(さかい しんたろう)
1970年3月26日、京都府生まれ。(株)さかいクリニックグループ代表取締役。大学講師や外科クリニックも兼務。柔道整復師。東京都北区王子にて開業。整形外科、腰痛専門病院やプロサッカーチームの臨床スタッフとしての経験を生かし、腰痛やスポーツ障害を得意とする。関節包内矯正を中心に1日170人以上の腰痛や、関節痛の治療にあたっており、元プロボクサーの内藤大助さんや女優の十朱幸代さんなど多くのスポーツ選手やタレントの治療も手がけている。また、腰痛治療の"ゴッドハンド"としてテレビ、ラジオなどに多数出演。日刊ゲンダイの医学コーナーの連載も担当。おもな著書に「肩こり・首こりは99%完治する」(幻冬社)、「酒井式 腰痛が治るROM体操」(学研パブリッシング)などがある。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 歩き方について再確認ができました。

    4.0
    モリピー

    改めて歩き方を見直すことができ、膝などの痛み解消になればと思います。

  • 4.0
    Coffeelover

    似たような著作をたくさん出版されているようで、他の本と内容が違わないのかもしれませんが、著者の本を読んだのはこれが初めてなので色々参考になりました。丁寧で、難しくなく、優しい感じの文章なのが好感が持てました。体操やストレッチも分かりやすい図が掲載されており、詰め込みすぎずシンプルなのでやってみようという気になります。

すべての2レビューを表示

  • 太田青磁(Sage)

    正しく立つと、後頭部、肩甲骨、お尻、かかとが一直線に並ぶはず・仙腸関節は、仙骨と腸骨をつないでいる関節のこと・首と頭を垂直に保った姿勢をとります。その状態からあごに手を当てて、グッと水平に押し込みます・動かさない関節は老けていく・ウォーキングは全身運動と捉えて取り組む・後ろに反ると痛いというのは、重心が後ろに傾いている・膝の半月板や軟骨には血液が通っていない・硬い床の上に仰向けになり、片方の脚の付け根にもう一方の足のかかとを当てプッシュする・前を向いて腕を振り、しっかりと背筋を伸ばして堂々と歩きましょう 続きを読む

  • JUN

    とても分かりやすく改善方法が書かれていて、読みながら実践し始めた。首も腰もヘルニア経験有り、今でも無理をすれば腰と膝に違和感を感じるので、予防として普段から気をつけていきたい。姿勢改善の為にMBTの靴を買おう。 続きを読む

すべてのレビューを読む