発売日 2014年04月26日(土)

スポーツ科学のプロが教える 体の不調を改善するための症状別ウォーキング

著者名:湯浅 景元(著者)

¥1,000(税別)

ISBN:
978-4-7973-7650-0
サイズ:
B6変/1色
ページ数:
176
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・湯浅 景元

湯浅景元(ゆあさかげもと)
中京大学スポーツ科学部教授および中京大学大学院体育学研究科教授。1947年名古屋市生まれ。中京大学体育学部卒業、東京教育大学大学院体育学研究科修了後、東京医科大学で学ぶ。医学博士、体育学修士。現在、名古屋市教育スポーツ振興事業団評議員、豊田市スポーツ推進審議会委員などを兼任。中京大学スケート部部長として、所属している浅田真央選手らフィギュアスケート選手の育成にもあたる。大学で教鞭をとるかたわら、一流スポーツ選手の動作研究に基づいた誰にでも実践できる健康法の指導でも活躍。執筆活動や講演会、テレビ出演などを通して、健康づくりのための運動の大切さの普及に努めている。著書に『生涯寝たきりにならないためのピンピンコロリ体操』(世界文化社)、『元気な体をつくる! かんたんタオル体操』(双葉社)、『痛みやゆがみが解消する20秒ストレッチ』(永岡書店)ほか多数。
http://kagenohitorigoto.blogspot.jp/

Twitter

Unable to load Tweets

  • 歩くこと

    4.0

    歩くことは、大切で基本だから、歩き方のこの本は参考になった。また、熱中症の気を付ける点も書かれている。夏の暑い季節、熱中症には、注意したいものだ。

  • 5.0
    Chakimaru

    症状別のウォーキング方法で、わかりやすく、実践しやすかったです。他の人にもオススメしたい一冊です。

  • 効果的にウォーキングをするための本

    5.0
    チカ

    自己流でウォーキングを始めたものの、フォームや時間帯が適切かどうか分からなかったため読んでみました。正しいフォームはもちろん、目的・症状別にウォーキングの時間帯や方法(ゆっくり歩くか、速めに歩くかなど)が分かります。易しい言葉で書いてあるので読みやすい。今ウォーキングをしている人、これからウォーキングを始めたい人は一読をおすすめします。より意識的・効果的にウォーキングが出来るようになると思います。

すべての3レビューを表示

  • Nobuko Ohoshima

    サクッと。入門のわたしにも分かりやすくて助かりました。 “状況に合せてコントロールしていく”始めるにはメカラウロコです‼ 続きを読む

すべてのレビューを読む