発売日 2014年04月16日(水)

C++テンプレートテクニック 第2版

著者名:επιστημη、高橋 晶(著者)

¥2,800(税別)

ISBN:
978-4-7973-7668-5
サイズ:
A5/1色
ページ数:
330
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・επιστημη、高橋 晶

Twitter

Unable to load Tweets

  • 第3版を熱望します。

    5.0
    AMAZONカスタマー

    最近OMPがらみの糞本買ってしまったので、それとは対照的な本書をレビューします。ぺらぺらめくるだけで、書き手のわかりやすく伝えたいという熱意がビンビン感じられる名著です。サンプルコードも理解しやすいようできるかぎり短く、適切で、無駄コードの羅列で頁を稼ぐどこかの駄本とは偉いちがいです。最後に登場する式テンプレートはBlitzのコードらしいですが、これ以上にわかりやすいサンプルはないと思われます。サンプルコードはダウンロードし、コピペして自由に使うことが出来ます。要は自分がプログラムする際、いかに適切にこれらを利用できるか?にかかっています。残念なのは、ほぼC++11どまりな上、高橋晶氏のC++テンプレートに関する熱意が薄らいでいるようで、最新スペックに準拠した新版が出版されそうにないことです。なんとか新版リリースされないもんでしょうかね?

  • 4.0
    C++勉強中

    最初の数章まで読みましたが、templateの基本から説明してあり、理解しやすいです。ただし、途中から段々と難しくなって行きます。C++03がC++11になると、簡便な書き方でコーディングが出来ることが説明してあり、助かっています。

  • 内容は素晴らしいが、Kindle 版はおすすめできない

    4.0
    Hoge

    第一版も買いましたが、内容が良かったのでこちらも購入しました。第一版は電子書籍版がなかったので、自炊して PDF 化して読んでいましたが、第二版では Kindle 版があるとためこちらを選択。しかし・・・内容は本をそのままスキャンしたかのような画像の集まりで、これには本当にがっかりしました。目次もないのですこぶる扱いづらく、結局自炊したほうがマシでした。内容は相変わらず素晴らしく、第二版で C++11 に関する加筆がなされており、その辺りを抑えたい人であれば第一版を持っていても十二分に買う価値があります。

すべての3レビューを表示

  • kaizen@名古屋de朝活読書会

    #感想歌 説明がやや分かりにくC++言語設計者の視点だね 続きを読む

  • あやせ

    この本の大部分を占めるテンプレートメタプログラミング(以下、TMPとします)は正直、C++とは全く別のものと考えて問題ないです。(個人的には)つまり、C++とは学習コストが別にかかります。なのでC++を学習するだけではSTLやBoostのコードを読むことは難しいでしょう。この本を読めばTMPはある程度できるようになり、また時間をかければ読める(理解してコードを追える)レベルまでは達します。C++も年々、TMPにやさしくなっていますが、既存の複雑なコードを読む足がかりになるのは間違いないです。 続きを読む

  • いするぎえり

    Boostコントリビューターの高橋晶さんが著者の本です。 個人的にはType Erasureのところが少しきつかったです。 面白い本なので、C++でプログラミングをしている人は是非読んでみてください。 続きを読む

すべてのレビューを読む