発売日 2014年08月12日(火)

未来/珈琲 彼女の恋。

著者名:千歳綾(著者) アマガイタロー(イラスト)

¥630(税別)

ISBN:
978-4-7973-7719-4
サイズ:
文庫
ページ数:
360
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・千歳綾

イラスト・アマガイタロー

Twitter

  • 考えさせられる。

    5.0
    yu-21

    はじめ読みだしたときは、、、ドラ〇もん!?と一瞬思ったが読んでいると、何で古今で主人公が自分の異能を認めないのか気になりだし、さらに読んでいくと・・・あーそういうことか。と、で、どんどん思っていたのより重い話に・・・未来を知ったらあなたはどう行動しますか?的な?でも、未来を変えることは。。。どうなのでしょうか。まだ1巻だけど、なかなか個人的にはいい作品と思います。2巻は未来での話しかな?なんかドタバタで1巻終わったけど、この作品は読んでいきたい作品の1つになりました。

  • 5.0
    あさぎり

    他の方が挙げられていますが主人公の成長が感じられず、読んでいて少し退屈に思いました。ですが、アリアさんを助けるために皆が試行錯誤する点については家族愛を感じざるを得ません。最後はとても感動しました。また、魅力的で個性的なキャラクターは物語を際立たせる重要なポイントです。とくにつっかかることなく、一気に読むことができました。一応、物語は1巻で完結しています。2巻も出ているみたいなので、こちらも届くのが楽しみです。

  • キャラが可愛い

    5.0
    コジロウ太郎

    笑いあり涙ありで、最後まで一気に読めた。読んでいると頭の中で動き出しそうな、魅力的で可愛いキャラばかりだった。主人公が成長していく姿を楽しみつつも、もどかしく感じるところもあり、それだけに終盤では涙が溢れた。久々に胸をうたれる作品に出会えて、満足。

すべての10レビューを表示

  • よっち

    高校生・湊遼太郎のもとに、お母さんとの結婚を阻止するために自称遼太郎の娘・雪音が未来からやって来る物語。さらに雪音の双子の妹・鈴音も未来からやってきて事態はややこしくなるものの、遼太郎と幼馴染・阿梨亜の関係は事情が明らかになったり、何かあるたびにそれが強固なものであることを再確認させられましたね。遼太郎を捕まえて離さない阿梨亜の揺るぎなさというか、幼馴染最強みたいな(苦笑)そんな彼らが転機で下した決断の結果がいい余韻になっていただけに、続刊前提にしてもいったんここで区切って良かったのではとは感じました。 続きを読む

  • あっちっち

    主人公遼太郎は前半〜中盤にかけてウザい。読んでいて苛々した。しかし後半は阿梨亜や未来から来たという二人の娘、雪音と鈴音を通して、自分のすべき事、成したい事に気付き成長。その姿は同じ娘を持つ身として誇らしく思えました。この家族の未来に幸せが続くことを願いたくなります。た・だ・し、一巻完結で充分だと思う。二巻以降に続くとのことだけど、蛇足になる予感が。。。阿梨亜や雪音、鈴音が可愛い(イラストも)ので続きも読みますけどね。スラムダンクやドラゴンボールネタは不要です。 続きを読む

  • 晦夢

    ある日遼太郎の元に娘を名乗る少女雪音が現れる。未来から来たという雪音は遼太郎と幼なじみの阿梨亜との仲を邪魔してくる、彼女の目的は一体? 面白かった。家族愛に溢れる作品。未来に起こることとそれをどうすることもできないという葛藤。父親ってのもいいなと思うよねこういうの読んでると。タイムパラドックス的にどうなってるんだってのは少し気になった。あと、この1巻で綺麗にまとまっていたから、最後の次巻への布石は蛇足だった気が…。続刊出すのはいいとして、この巻は綺麗に終わらせればよかったのに、新人賞作品だし。 続きを読む

すべてのレビューを読む