発売日 2014年07月23日(水)

晩酌をやめずにコレステロールと中性脂肪を減らす方法

著者名:板倉 弘重(著者)

¥1,000(税別)

ISBN:
978-4-7973-7724-8
サイズ:
B6変/1色
ページ数:
176
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・板倉 弘重

板倉 弘重(いたくらひろしげ)
国立健康・栄養研究所名誉所員。東京大学医学部卒業、同大学第三内科入局後、カリフォルニア大学サンフランシスコ心臓血管研究所留学、東京大学第三内科講師を経て茨城キリスト教大学生活科学部食物健康科学科教授に。退職後、品川イーストワンメディカルクリニック名誉理事長。エミリオ森口クリニック院長。日本健康・栄養システム学会理事長、日本動脈硬化学会評議員名誉会員。著書多数。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 秋田臨海鉄道㈱

    5.0
    秋田臨海鉄道㈱

    とても興味をもって読みました。体の状態を良い方向に維持していくうえでも参考になりました。

すべての1レビューを表示

  • シュラフ

    健康な身体の維持のための食事と運動について総論的に書かれているので、健康に関心のある人には入門書としてよいだろう。後期高齢者(75歳以上)の約3割が要支援または要介護の認定を受けており、40代から50代の中高年時代の過ごし方が重要である、という著者の指摘に納得。中高年の身近な健康対策は肥満対策。手っ取り早いのは食べ過ぎによるカロリーオーバーは禁物ということ。間食をとらない、缶コーヒーは飲まない、夜10時以降は食べない、など正しい食生活のリズムをつくるのが大切。若い頃はあまり気にしないが、少しは気にしよう。 続きを読む

  • としちゃん

    仕事のための勉強本。高脂肪食とアルコールが食後の中性脂肪値を上げる。中性脂肪は血管壁に溜まらないが善玉菌コレルテロールを減らし、悪玉コレステロールが増える。体内のコレステロールのうち、食べ物由来は20〜30%、70〜80%は体内で合成。コレステロール値が低いと免疫力が低下。ガンのリスクがUP。適量のアルコールはコレステロール値のバランスを正常に保つ。この本は健康的なお酒の飲み方と、おつまみにオススメの食材が書かれています。ナッツ、大豆製品、トマト、お酢、青背の魚、しいたけ、こんにゃく等。ただしあくまで適量 続きを読む

  • SNOOPY

    旦那さんのコレステロール対策にとても参考になることがたくさん載っていました!大豆製品は毎日摂るように心掛けようと思います! 続きを読む

すべてのレビューを読む