発売日 2014年09月13日(土)

認知症を「噛む力」で治す
らくらく健康

著者名:小野塚 實(著者)

¥1,000(税別)

ISBN:
978-4-7973-8040-8
サイズ:
B6変/1色
ページ数:
176
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・小野塚 實

小野塚 實(おのづか みのる)
神奈川歯科大学名誉教授、日本体育大学教授、「咀嚼と脳の研究所」所長、日体柔整専門学校校長。1946年生まれ。東邦大学卒業。1986年米国ワシントン大学へ留学、1986年に岐阜大学医学部に移り認知症予防の神経科学的研究を行う。1989年には記憶研究の国際プロジェクトに参画するため、再びワシントン大学に招聘される。その後、岐阜大学医学部助教授などを経て現職。おもな著書に『噛めば脳が若返る』(PHP研究所)、『噛むチカラで脳を守る』『噛むチカラで肥満を防ぐ』『噛むチカラでストレスに勝つ』(健康と良い友だち社)など。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 本当にそうだなーと納得できる内容です。口の中のことをもっともっと知って欲しいです。

    5.0
    クリムゾンマニア

    私は仕事の上で、精神科の「もの忘れ外来」に関わっていますが、実際に、認知症や軽度認知障害(MCI)の患者さんに、「口の中はどうなの」と尋ねてくれるようなお医者さんは極めて少ないです。この書籍を読むと、単純に言えば、頭の中にたんぱく質のゴミがたまっていく認知症」という病気の根源の原因を考えるときに、口の中のこと、歯のこと、そして食べることの大切さが理解できます。認知症になることをぼんやり恐れているのだったら、まず定期的に歯医者さんに行って口腔内のメンテナンスをするべきだし、日常の中ではしっかりと噛んで食物をたべないといけません。そんなことを分かりやすく教えてくれました。この書籍を読んでから、60歳の私は、仕事場の机の上に「ガム」をおいていて、活用するようにしています。この書籍を大推薦します。

  • 5.0
    keepsmile

    人類の進化の中で 霊長類サル目において、歯と咀嚼は 顔面や頭蓋骨の形態、 そして脳の大きさや発達と深く関係してきました。 手を使い、次に火を使い、食文化の変化が、歯やアゴの変化をもたらし、咀嚼筋の退化により、脳の発育をも起こして 深い関係があることは、科学として 軽視されていたかもしれません。 現代の科学により、解明されてきたことが 丁寧に わかりやすく 記載されています。

  • なるほど

    5.0
    Amazon カスタマー

    「噛む」と言うことは、大切と感じた。本を読んで以来、毎日、ガムを噛む様にしてます。

すべての3レビューを表示