発売日 2015年02月25日(水)

ヒルクライムトレーニングの極意

著者名:村山 利男(著者)

¥1,600(税別)

ISBN:
978-4-7973-8077-4
サイズ:
A5 カラー+1色
ページ数:
192
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・村山 利男

村山利男(むらやま としお)
1959年生まれ。フルタイムワーカーとして働きながらトレーニングに励む市民レーサー。マラソン、デュアスロンを経てサイクルロードレースを始める。1995年、デュアスロン全日本チャンピオン。市民レーサーの中でクライマーの頂点を決める「全日本マウンテンサイクリングin乗鞍」では、1998年から2003年まで6連覇を成し遂げて伝説となっている。50代の折り返しを過ぎた現在でもトップレベルのパフォーマンスを維持しており、2014年6月の「Mt.富士ヒルクライム」でも6位に入るなど、衰えを知らない。これまでの実績だけでなく、食事などユニークな日常生活も注目されており、自転車雑誌でも多数紹介されている。

Twitter

Unable to load Tweets

  • あの村山さんが手の内を明かす!!(★4→5)

    5.0
    toshi

    サンデーライドの一般サラリーマンには参考にならない極意ですが、読み物としてこんな人が居るんだという面白味はあります。著者の弛まぬ努力は尊敬しますが、それ以上に奥様の支えがあってこそかと思いました。

  • 4.0
    らびっと

     「50歳からでも・・・」と書いてありますが・・・いやいや・・・この方は元マラソンランナーで、33歳でロードバイクに転身した後もデュアスロンの全日本チャンピオン等トップレベルの経歴の持ち主で、スタート時点ですでに別次元の方です。日々のトレーニングも毎朝4時に起き2時間半漕いだ後会社に出勤、夜は室内で1時間ほど漕ぐという「えっ・・・!」と思うほどの内容でした。 それだけトレーニングした結果それだけの成績を残せたということで、それが果たしてタイトルにある「極意」と言えるのかどうか微妙です。理論的な部分や参考になるトレーニング方法があるかと思ってましたが・・・それは残念ながらありませんでした。初心者やビギナーであれば参考になる部分はあると思います。「お酒をこよなく愛するおじさんが【大好きなお酒】を飲むために一生懸命自転車を漕いでいる・・・」そこは私も共感します~♡

  • 参考にはなりませんでした。

    1.0
    との

すべての34レビューを表示

  • redbaron

    今シーズンはヒルクライムにもチャレンジしたく手にしました。感想ですか?凄すぎwww トレーニングメニューは真似はできないけど、考え方は真似できるかな。すぐに実践できたのは、寝るときの極意。さっそく取り入れています。さて、まずは3月のエンデューロ上位を目指すべく追い込みますか…て、ヒルクライムじゃないじゃんwww 続きを読む

  • いくみ♪

    アマゾンで「ヒルクライムトレーニング」で探すと最初に出てくる本。レビューが賛否両論だったけど、実際に読んだら内容はすごくいいと思いました。ご自身の輝かしい経験と努力が率直に語られ、人間性や人生観まで感じさせられる良書。読み物としてピカイチだと思います。人生を謳歌している感じがすごくいい!サイクリングトレーニング本でPDCAサイクルを見たのは初めてです(笑)きっと仕事もできる人なんだろうなあと思います。時間の有効活用の実践もリアルに語られ、ビジネス面でも生かせる内容だと思います。 続きを読む

  • kazissho

    残念ながらあまり得るものがなかったというのが正直なところ。要はモチベーションを維持して練習を継続させるのが最も大事なポイントということだ。 続きを読む

すべてのレビューを読む