発売日 2015年02月14日(土)

電想神界ラグナロク

著者名:木野裕喜(著者) キンタ(イラスト)

¥630(税別)

ISBN:
978-4-7973-8133-7
サイズ:
文庫
ページ数:
352
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・木野裕喜

イラスト・キンタ

第1回『このライトノベルがすごい! 』 大賞・優秀賞を受賞、『暴走少女と妄想少年』にて2010年デビュー。現在も宝島社で「スクールライブ・オンライン」を執筆中。GA文庫レーベルでの執筆は本作が初めて。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 熱い展開が面白い

    3.0
    ニア

    核の冬によって人類は衰退し、【JS】というコンピュータによって管理された世界。家族とともに冷凍睡眠を受けた主人公・式守雄馬は、あり日目覚めさせられ、資源を得るためのゲームを強制されます。ゲームのシステムに頼らず、リアルで身につけた剣術で他プレイヤーを圧倒する主人公。9歳でわかれながら、先に冷凍睡眠から目覚め、同い年になった、ブラコン気味の妹や、高貴な血を引く美琴のために、ディストピアな都市として二分された日本をまとめようと頑張る話です。設定だけ見ると、富士見あたりのどっかの作品と似ていますが、個人的に感じた面白さはこちらよかったです。多分、あちらはヒロイン主軸の美少女ゲームぽいのに対して、こちらの作品はそういう傾向が薄いからでしょうか。実質のヒロインは美琴で確定ですし。わりとありきたりな設定を作者さんの力量で、あつい展開を並べることで面白さを出している感じです、また、主人公以外のサブの男キャラの活躍もあるところが好印象です。主人公と妹の保護者の「ノイド」、妹の「柚季」に好意を寄せる、ちょっと馬鹿だけど真っ直ぐな「花房忠愛(ただなる)」、頑固で判らずやなところがあるものの、信念をもつ「後藤さん」ゲーム世界で敵を倒し、成長していくという、少年漫画のような熱血の方向性で面白かったです。結末は、打ち切りになっても、続いてもどちらでもできるような締めでしたが、今作では、どうしても展開が急ぎ足で、キャラの掘り下げが弱くなっているため、できれば日常の場面などの増加で、キャラの掘り下げを見たいので、続きができてくれると嬉しいです。

  • 4.0
    wan

    あんまりゲームをやっているって感じはしなかった。普通にファンタジーを読んでいる印象で、設定を使いきれていないように思えた。妹の設定が気に入ったので、ぜひもっと掘り下げてほしいところ。バトルはしっかり書かれているし、展開もわくわくするものだったので、一気に読み切れて読後感もよかった。

  • 北欧の侍と小柄な巨人 《近未来×北欧神話 新感覚RPG、開幕》

    5.0
    M87レイオニクス

すべての3レビューを表示

  • よっち

    核戦争で世界的な氷河期が訪れて日本は2つのドームに少数が生き延び、150年以上続いたコールドスリープから目覚めた剣術家の系譜を継ぐ雄馬が資源分配を決めるゲームに参加する物語。ゲームは北欧神話がベースで、目覚めた時差で同い年設定の妹柚希と日本の象徴たる血筋を引く美琴がダブルヒロインという配置。高度に自動化された戦闘をマニュアルで戦う主人公が、仲間を増やし世界に戦いを挑んでいく展開は、過不足ない程度に世界観やルールの説明も上手く組み込んでいて、著者さんらしさが良く出ていると思いました。今後の展開に期待ですね。 続きを読む

  • アウル

    スクールライブ・オンラインの作者の新作。第三次世界大戦が勃発し核の冬が訪れ人類はシステムによって管理される事となったディストピアな世界でそれに抗おうとする主人公達の話。やはり作者の書く男の姿がいいな。話の展開はプロローグと言った感じでさくさく進み、次巻からが本番と言った所かな。 続きを読む

  • 晦夢

    コールドスリープから目覚めた雄馬は、先に目覚め同い年になっていた妹柚季と共に資源と交換できるRPを得るためのVRゲームへと挑む。にしても詰め込んだな。一応1巻でプロローグみたくなってるけど、盛り沢山だった。ゲームでのアシストを切り、自分の剣術だけで戦う雄馬。このゲームレベル制じゃないから本人のセンスと武器の性能が重要すぎる。それも含めて弱者に残酷な世界だな。柚季可愛いよ柚季。妹がコールドスリープのせいで同い年になってるとか最強かよ。次巻から本番と言ったところで楽しみ。 続きを読む

すべてのレビューを読む