発売日 2015年06月15日(月)

電想神界ラグナロク 2

著者名:木野裕喜(著者) キンタ(イラスト)

¥620(税別)

ISBN:
978-4-7973-8294-5
サイズ:
文庫
ページ数:
312
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・木野裕喜

イラスト・キンタ

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

  • もう終わり?

    4.0
    wan

    なんで終わらせちゃったんだろう。普通におもしろかったし、これからもっと話を広げていけると思ったのに。この巻の悪者役のパオロさん、どんな顔してるのか最後までわからなかった。

  • 神様から始まって終わって 《近未来×北欧神話ー 新感覚RPG、終焉》

    5.0
    M87レイオニクス

    オンラインゲームによる成績が収入と定めた管理プログラムに支配された世界で、神話の戦士となる《前後編構成ライトノベル》の下巻。上巻にて国内ネットの派閥問題を解決した主人公らが、圧倒的な力量差を持つ8ヵ国の海外勢に向かい合う緊迫の後半戦。世界会議に参加し、早速壁を見せ付けられる雄馬たち…と思いきや得意の剣術で切り込みを入れるという主人公補正な活躍(笑)そして、北欧神話の世界を基としていた影響故か、近未来、気象大変動後の地球でも宗教と神の存在は消えず、皮肉にも人類間で新たな波紋を化していることに…前編で世界の法そのものに挑むと宣言した主人公《式守雄馬》、当然の如く衝突することになります。そして新たなヒロインとして《宗教国家の象徴として孤独に耐える、男装の少女=ボクっ娘》と《主君の傍にいる、忠義の侍女=戦うメイドさん》が加わって恋愛模様もウハウハに(爆笑)…と思いきや半分以上は前編と打って変わって女性同士の友情が大きく描かれており、主人公雄馬は巻後半まで橋渡し役に…。あと、MMO内だからとツッコミという名の制裁が遠慮なしで(怖)その間、戦いの準備をする為にクエストをこなしていくも、幼少期の想い出である北欧神話の一説がおかしな方向に脚色されてゲンナリしたり、それが原因で弟分にちょっとしたキズを残したりと色々笑いを誘う事態に(震)登場人物の力となる武具は忠実なのに…それが変えってクスリとします(感)しかし、前編にて派閥争いの模様をしっかりと詠んでいれば日本団結で大国とぶつかる模様、主人公を苦しめた強敵が頼もしい味方として力になる様子はオンラインゲームらしさも前面に押し出して胸が踊りました。そして新たな宿敵となる《ジャリル》がまさかのお笑い組という(吹)そんな沢山の人の想いが交錯していった先、雄馬がある真実に辿り着き、全ての謎が唐突に明かされて物語の終幕宣言。…これには突っ込みを禁じ得なかった。しかしながら確かに短く唐突に終わったものの、伏線を脚急ぎながらも落とさず回収してくれたので良かった(安堵)一つでも零していたら評価2まで下がっていたたろうな(溜息)個人的に174頁の挿絵が一見の価値あり★是非1(前)2(後)巻合わせて購読して欲しいです。

  • 確かに面白かったが・・・

    3.0
    イシャン

    「世界」エリアへと躍り出た日本の初めての戦いからスタート。最初の対戦国の代表と仲良くなったり、あろう事か日本に連れてきて一緒にクエストに参加させたりと、良い意味で日本代表と思えない行動を取る主人公。まぁ、相変わらず、容赦のない突っ込みが入るところもお約束。でも、そのうちにその相手国が実際に行っている「支配」を見せつけられて、その代表とともにショックを受けたり、主人公の妹がいっそう強くなったり、神キャラのメイドさんがやたらと強かったりと1缶の時よりもシリアス度は増しています。おまけにそのシリアスな内容に、神キャラの背景描写も丁寧になされていて、心躍る熱い展開で、アマゾンでの評価は星5つ与えてもいいんじゃないかと思えました。でも、最後の最後ですべてがぶちこわしに。なぜ、この2巻で完結なのか、全く理解できない。他の対戦国との描写や、その後にあるだろう「最終戦争」の描写もきちんと丁寧に行えば、全部で10巻くらい続いても不思議ではないのに。おまけに、主人公の父親が結局どうなったのか、とか主人公の恋の行方だとか、主人公の妹につきまとっていた某キャラと妹の恋の行方だとか、あまりにも消化不良感が強すぎました。なので、評価は星5つではなくて星3つとさせていただきました。

すべての3つのレビューを表示

  • よっち

    世界エリアに進出した雄馬ら日本勢が戦争国を決める会談に参加。屈辱的な降伏勧告を跳ね除けてサントアリオ国の代表ピオレルカと接触する第二弾。彼女と行動を共に行動していく中で、彼女の生い立ちや世界の状況、サントアリオ国のこと、支配された国のことなど、世界観の説明を織り込みながらサントアリオ国と戦うまでの流れを構築していく描写は流石で、今後に期待できそうな予感はあっただけに、戦争決着後のエピローグでまさかの完結は残念。正直もったいないなとも思いましたが、元々上下巻構想だったようなので着手している次回作に期待です。 続きを読む

  • 晦夢

    終わっちゃったよ。上下巻という名の打ち切り。世界エリアに進出した日本勢は世界の列強たちになめられ降伏勧告を迫られる。そんな中サントアリオ国の代表と接触する。最後の急展開なまとめ方まさに打ち切り。各国との戦い面白くなりそうだったからもっと続いて欲しかったな。今回は宗教というありがちな相手、ピオレルカ尊い。みんな可愛いけど柚季が一番かな。なんでここで打ち切られるのか理解できない面白さ。イラストもいいのにな。次回作も楽しみにしてます。 続きを読む

  • わたー

    ★★☆☆☆あとがきにて、元々上下巻構想だったと言っていましたが、どうみても打ちきりエンドですね、わかります。面白くなりそうな題材だっただけに残念。内容としては、展開がベタなのは一巻と変わらなかったが、やや熱量が落ちている感じ。忠愛は出番こそ多めだったが、種馬のあたりだけが面白く、一巻以上のインパクトはなかったかな。それにしても、いくら纏めるためだかからでも、いきなり時間が飛ぶのはどうかと思う。キングクリムゾンされている間に、初登場キャラとの絆が深まるとか、勘弁して欲しい。 続きを読む

すべてのレビューを読む