発売日 2016年03月16日(水)

確かな力が身につくPython「超」入門

著者名:鎌田 正浩(著者) クニメディア(イラスト)

¥2,480(税別)

ISBN:
978-4-7973-8440-6
サイズ:
B5変/フルカラー
ページ数:
304
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・鎌田 正浩

イラスト・クニメディア

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

  • Chapter.6以降がもう少し丁寧なら最高

    4.0
    M.S.

    Chapter.5までは、とてもわかりやすく、プログラミング初心者にもオススメできる内容だと思います。ただし、Chapter.6以降については、初学者向けに、もう少し丁寧に書いたほうがいいと思いました。画像や、Webプログラミングのコードの中身を、まったくの初心者が納得できるように説明するのは大変なので、サンプルコードを実行して雰囲気だけが伝わればいい、という方針には賛同します。しかし、それなら、サンプルコードを実行できない確率を下げるべきです。たとえば、pipを使ったライブラリの自動インストールは、セキュリティが高い環境だったりすると、うまくいかないこともあります。その場合、p.200で行き詰ってしまいます。ですから、ここは、PyPlのサイトから、マニュアルでライブラリのソース(*.whlなど)を落としてきて、コンソールから、pip install ダウンロードしてきたファイルのフルパス名、でインストールする方法などにも言及すべきです。また、p.239のブラウザも開発者ツールに関するコラムですが、このレベルであれば、IEもクロームも、機能的に変わらないので、初心者のPCにインストールされている確率を考えれば、IEでの操作を説明しない手はない気がします。そういう細かいところは、もう少し改善の余地があるような気がしますが、総じて、現行の超入門書の中では、バランスがとれた良書だと思います。これを終えてから、オライリーの「入門Python3」に進めば、スムーズに行くのではないでしょうか。

  • 3.0
    tepra sr550

    Dyango超入門が非常によい著書だったので本書も購入しました。期待通り、非常に文章力があり、内容も充実しており良い著書でした。ただ、Kindleでは文字が小さすぎ非常に読みづらかったです。単行本で購入することをおすすめします。

  • ゼロからスタートするには非常に分かりやすい内容です。

    5.0
    HS

    Pythonプログラムのインストール手順、大変丁寧に書かれています。文章による説明には対応するPC画面の図が添えられているので迷わずに実行環境が構築できました。この本のおかげでPythonの基礎的な使い方が分かりました。

すべての20レビューを表示

  • karatte

    プログラミングの入門編に良い、最近話題のAIに強い等々、謳い文句に釣られて書店にあった3冊の中からチョイス。取り敢えずAtomと併せて入れてみたけど、終盤は難解で理解するのに一苦労。以後は類書に手を出すよりもネットで調べたほうが早いかもしれない。 続きを読む

  • Shinchan

    「超」入門と書かれているが、5章までと6章以降のギャップが大きいと感じられている方が多いと思います。 続きを読む

  • karatte

    一回読んだだけでは判らなかった点も、かなり理解が進んだ。やっぱり再読は大事。 続きを読む

すべてのレビューを読む