発売日 2017年01月18日(水)

はじめての物理数学
自然界を司る法則を数式で導く

著者名:永野 裕之(著者) 辻 恵子(イラスト)

¥2,700(税別)

ISBN:
978-4-7973-8457-4
サイズ:
A5/2色
ページ数:
400
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・永野 裕之

イラスト・辻 恵子

永野裕之(ながの・ひろゆき)
その学習効果の高さからテレビや雑誌でいくども取り上げられ、常にキャンセル待ちの人気を誇る個別指導塾、永野数学塾の塾長。
東京大学地球惑星物理学科卒。同宇宙科学研究所(現JAXA)中退。
著書に『大人のための数学勉強法』(ダイヤモンド社)『根っからの文系のためのシンプル数学発想術』(技術評論社)『東大教授の父が教えてくれた頭がよくなる勉強法』(PHP研究所)『ふたたびの微分・積分』『ふたたびの高校数学』(すばる舎)他多数。NHK「テストの花道」出演。
プロの指揮者としても活動。日本ソムリエ協会公認ワインエキスパート。二女の父。

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

  • roughfractus02

    微積分から物理現象を見渡すと、数々の公式に立ち止まるコストが減るということが実感できる。言い換えれば、物理現象を数学を用いて検討すると、公式の組み立て方をシミュレートでき、三角関数やベクトルをどこで使うかという工学的観点が養えるといえる。本書には、日常の物理現象の説明を数学の目的とし、物理と数学の相互作用によって公式相互に潜む概念の関係を意識させ、自然を統一的体系として読者にイメージさせようとする工夫が見られる。数式の変形プロセスも丁寧であり、読者が手にペンを持たずにページを追うことに集中できるのもよい。 続きを読む

すべてのレビューを読む