発売日 2016年02月27日(土)

毎日続くお母さん仕事
おおまか、おおらか、だいたいでやってます

著者名:後藤 由紀子(著者)

¥1,380(税別)

ISBN:
978-4-7973-8496-3
サイズ:
A5/フルカラー
ページ数:
128
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・後藤 由紀子

後藤 由紀子(ごとうゆきこ)
静岡県生まれ。雑貨店「hal」のオーナー。庭師の夫、高校生の長女と静岡県に暮らす。大学生の長男は東京に下宿中。多数の雑誌で暮らしぶりやファッションが紹介され、人気を集める。著書に『後藤由紀子の家族のお弁当帖』(ワニブックス)、『「これまでも、これからも」好きなもの』『ワ-ドロ-ブと日用品』(ともにマーブルトロン)などがある。

Twitter

Unable to load Tweets

  • chichichi

    そう、そうなんですよね。毎日続くんですよね、お母さん仕事って。お母さんではないからその分負担が少ないはずなのに、終わりがなく繰り返される家事が本当大変で嫌になることも。特にお料理。きちんとしたものを作らなくては、という概念を勝手に抱いてたとこがあるので、こちらで紹介されているみたいに残り野菜をただ煮浸す、茹でるだけでもいいんだと気が楽になりました。上手く取り入れていこう。 続きを読む

  • パフちゃん@かのん変更

    『これまでもこれからも好きなもの』の後藤さん。昭和の台所って感じでちっとも憧れないけれど、お料理が得意そうでいいですね。まな板が7枚にお盆が10枚以上、しゃもじや菜箸も山ほどあってえ~っと驚く。最近よく読むすっきりした暮らしの真逆ですね。狭い台所でこれだけ雑多なものを使いこなしているのはすごい。真似したいのはきんぴらを作るときゴボウをささがきじゃなくて縦半分に切って薄切りにすると楽ってことぐらいか。 続きを読む

  • みっくす

    タイトルに惹かれて。おおざっぱな私から見れば、著者はおおまか、だいたいな感じはしないですが、読んでみて良かったです。無駄なく、シンプルだけど、心豊かな暮らしをされていて憧れます。食器や家具(特にちゃぶ台)、お洋服のセンスも素敵。離乳食もあと数ヶ月だけ、抱っこできるのもあと数年、そう思うと確かに大事にできる気がします。エンディングノートは知らなかったのですが、いつか手に入れたいです。 続きを読む

すべてのレビューを読む