発売日 2016年01月14日(木)

高校数学の美しい物語

著者名:マスオ(著者)

¥1,800(税別)

ISBN:
978-4-7973-8558-8
サイズ:
四六/1色
ページ数:
264
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・マスオ

マスオ:
20代男性、東京大学工学部卒。
Web「高校数学の美しい物語」(http://mathtrain.jp/)を主宰。
好きな定理:オイラーの多面体定理
好きな分野:数学ならなんでも好きだけど特に式の計算、図形。

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

  • 受験生でなくとも面白い

    5.0
    弓無

    受験生の息子にプレゼントしたが、全然読んでないようなので、取り返す予定。受験勉強に縁が無い人間でも面白い。

  • 5.0
    仲松研

    問いに対する切り口が複数あり、良かった!中学校数学の美しい物語がよみたいなぁ

  • よい

    3.0
    くみみっち

    数学に大変興味ある子にとても評判が良かった。難しいが読み応えがあった。

すべての15レビューを表示

  • キリル

    高校数学までにお世話になった花形から、地味だけど堅実に働いてくれたもの、見かけはしたけど使いこなせなかった定理まで、なぜそういえるのかその証明が「物語」として語られています。数学苦手な身としては多様な切り口による面白さは感じましたが、知識不足で証明の美しさまで感じられたものがそう多くなかったのが反省点。当時定理の主張の根拠まで考える余裕はなかったので、読みながら少しですがその中身に触れられたのはうれしいところです。一言コメントの「ここが美しい、証明のポイント」や各定理の紹介などに著者の熱意を感じました。 続きを読む

  • デコボコ

    毎日1記事ずつ読んでいくとスゴく勉強になります。 続きを読む

  • Kaname Funakoshi

    高校生が解ける興味深い問題と、その証明や解が繰り返される。「数学ガール」が、大きなテーマに沿って選ばれた少数の問題を丁寧に深く解いていく過程をドラマティックに描いているのに対し、多様な問題に対する証明や解の要点だけを淡々と並べられているのが対照的で相補的。高校生が読むとすれば、最初に解き方を読んで、まずはその解き方を自力で再現してみて、次に他の解法を考えることで問題領域を多面的にとらえられるようにする、ところまで行って一問分かなあ。 続きを読む

すべてのレビューを読む