発売日 2015年11月14日(土)

一刀両断のアンバー・キス

著者名:三萩せんや(著者) 珈琲猫(イラスト)

¥620(税別)

ISBN:
978-4-7973-8600-4
サイズ:
文庫
ページ数:
336
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・三萩せんや

イラスト・珈琲猫

第七回GA文庫大賞《奨励賞》受賞作家。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 単なる中学生向けのカストリエロラノベ

    1.0
    Amazon カスタマー

    かんべんしてくださいよ・・・。受賞作だからって買っちゃいましたよ。だまされたー!!単なる中学生向けのカストリラノベ!エロが見たいけどエロが買えない18歳未満のためにエロもどきラノベ!クオリティは非常に低い。低すぎてお話にならない。キャラクター、ストーリー、エンディング、すべてオリジナリティ皆無!まったく、GA大賞の応募作は、これよりひどい作品しかないんでしょうね。いわゆる、心の闇という化け物を人知れず倒す、異能バトル主人公の物語。心の闇を倒すため、どっかのエロゲーのホームページのキャラクター欄からまんま引っ張ってきたみたいな女キャラ達の乳首を、主人公がモミモミして「あああーん、うっふーん、かんじるー」と喘がせながら武器を取り出して戦う話です。女キャラはどんどん増えていきますが、これまたどっかで見たような展開で驚きもドキドキもなく・・・もう、10回どころか100回は使い古されてるストーリーをそのまんまなぞり、「あっはーん、うっふーん、かんじるー、いっちゃうー」の下品な喘ぎを出しながら淡々と進みます。そして案の定、誰も死ぬことなくハッピーエンド。よかったね、主人公のハーレム完成だぜーで終わり。

  • ヤボ夫

すべての2レビューを表示

  • よっち

    同居人である双子姉妹の「庫」を開け、武器で闇を打ち祓う高校生の居抜は「秘鍵使い」。そんな居抜の前に婚約者を名乗る琥珀が現れ、婚約者の座を巡る騒動に発展する物語。一ヶ月の間に居抜が彼女との記憶を取り戻せればという条件でやってきた琥珀。三人の婚約者候補はいても全体としてはその座を奪い合うドタバタなラブコメ部分もあるというくらいで、琥珀のために記憶を取り戻そうとする居抜が過去と再び向き合い、それをみんなで力を合わせ乗り越えようとする王道展開。うまくメリハリを効かせテンポよく進むストーリ展開は読みやすかったです。 続きを読む

  • 晦夢

    第7回GA文庫大賞“奨励賞”受賞作。所謂エロを絡めた異能バトルという所。女の子にキスすることで女の子が持っている武器を抜き放ち戦う。テンプレを抜けきれなかった印象。女の子が武器庫になるだけではなく一緒に戦えるってのは良かった。主人公を正気に戻すためにパンツを見せるのは流石に笑った。 続きを読む

  • 水無月冬弥

    三萩せんや先生(@Sennya_Mihagi)の #ラノベ 王道な現代異能バトル、いちおうハーレムっぽいけど、琥珀の正妻力&姉妹の妹属性が強すぎるので、双子に勝ち目がないのが丸わかりなのがかわいそうっすね。面白いんですが、個人的に心の闇の設定にひっかかりを感じます。どういうシステムなんだろ、これ? 続きを読む

すべてのレビューを読む