発売日 2016年10月29日(土)

パリジェンヌのように少ないモノでスッキリ暮らす

著者名:米澤 よう子(著者)

¥1,200 (税別)

ISBN:
978-4-7973-8741-4
サイズ:
A5/フルカラー
ページ数:
112
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・米澤 よう子

米澤 よう子(よねざわ ようこ)
女子美術短期大学卒業。大手企業広告のグラフィックデザイナーとして勤務。その後、イラストレーターとして独立。化粧品パッケージや広告キャンペーン、女性ファッション誌、CMなどで多数の女性イラストレーションを手がけたのち、渡仏。パリの高級百貨店、LE BON MARCHEでの個展を開催するなど、多彩な活躍を経て、帰国。現在はパリ在住4年の経験を生かした著書、商品企画を手がけるなど活動範囲を広げている。著書に『パリ流おしゃれアレンジ!3靴からはじまる着こなしの魔法』(KADOKAWA)、『パリジェンヌ流シンプル食ライフ』(文藝春秋)、『1/3の服で3倍着回すパリのおしゃれ術』(幻冬舎)、『たった1枚のシャツでもパリジェンヌはおしゃれを楽しむ』(KADOKAWA)など多数。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 絵が雑〜

    2.0
    akayas

    著作の本は全て持ってるくらい好きですが、これはなんだろ〜走り書きしたよーなイラストですね〜他のと比べちゃうと物足りない。うーん…面白行っちゃ面白い内容(体験記がちょくちょく入ってたところ。たぶん4、5ページくらい?)だったけど、自分のなかでは最低ランクインです。涙 購入はしなくてもよかったかも。。

  • 2.0
    沙羅

    イラストも雑な感じで、期待はずれでした。残念。

  • 店頭で見たら買わなかった

    3.0
    JandM

    1)あくまで著者の断捨離体験であって、パリジェンヌのそれではない(パリのアパルトマンの実例が出てくるわけではない)2)片付けを指南するパリジェンヌが登場するが、「想像上のパリジェンヌ」であって、実在の人物ではない3)「想像上のパリジェンヌ」が上から目線(何か白人に指図される植民地のアジア人的気分)4)イラストがごちゃごちゃして見にくい。少しは写真が入っているほうが良かったつい「パリジェンヌ流」に惹かれて買ってしまったが、がっかり。パリジェンヌ流っぽいでしょ、という著者の押しつけ。(ごめんなさい)

すべての14レビューを表示

  • ぶんこ

    モデルルームのような部屋が好きで、片付け大好き、スッキリ大好きな自分に自信を持っていたのですが、「まずは机の上の更地化」でギャフン。読みかけ本、積ん読本、飲みかけのカップ、文具類、その他諸々が机上に!寝る前には片付けるとはいっても見苦しい。お気に入りの小物も難しいです。飾りものは季節に合わせて一点とは分かっていても、可愛い物に囲まれていたい。よう子さん頑張ってました。イラストでのbefore afterは説得力がありました。片付けはいっぺんにではなく、目に付いた所からというのが成功の秘訣のようです。 続きを読む

  • 米澤さんの新作。今回はファッションではなくお部屋ということで楽しみにしていまいした。米澤さんの本にしては、文章も多いし何だかがやがやしていた気がします。米澤さんが暮らしていたパリでのお部屋の再現の為に、日本での部屋の大改造を少しずつ行っていくもの。最初はテーブルの上から、最後は部屋全体まで。目に見えるところから変えていくと暮らしの質まで上がり、気分も良くなり、ストレスが減っていくのがよくわかります。ごみ箱1つ減らすことの重要性もとてもわかりました。 続きを読む

  • yomineko

    イラストがきれい。パリジェンヌはモノが少ないというより 収納の仕方がとても上手。見せる収納、隠す収納両方。 自分の場合、部屋が狭いし収納も少ないのであまり参考にはならなかったけど一部、取り入れたいなと思った。 でもほんと、パリの部屋はオシャレです。 続きを読む