発売日 2016年09月17日(土)

これからはじめる デジタル一眼カメラ 写真と撮影の新しい教科書

著者名:やまぐち 千予(著者)

¥1,780(税別)

ISBN:
978-4-7973-8745-2
サイズ:
B5変/フルカラー
ページ数:
152
付録・付属:
DVD

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・やまぐち 千予

やまぐち千予
和歌山市出身、大阪在住。
フリーカメラマン。関西カメラ女子部主宰。
「生き生きと」「ストーリーのある写真」の撮影を得意とし、料理やスイーツ、人物、風景などを中心に、多くの商業撮影を行う。
写真講師としてNHK・関西テレビでの出演、朝日新聞『伝わる写真の撮り方』への記事執筆、スマホアプリギャラリー「CANON MJ PERSTEXT」の監修など、メディアへの露出や関与多数。
また、ベネッセ未来EXPO「未来カメラ担当」、PANASONICイベント、「FUJIFILM Xセミナーズ」、リコーペンタックス講習会、デジタルハリウッド大阪校、バンタンデザイン研究所などでの、全国で各地で講師としての登壇実績も多くある。
日常の目線から作品を生み出す方法など、専門用語を極力使わず、具体的で、初心者にわかりやすい解説に評価が高い。

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

  • とってもわかりやすい

    5.0
    ari

    一眼を買ってみたけどどう撮影したらよいかわからないスマホと同じような写真しか取れないといった人に最適な本です。作例が多く直感的に理解でき、これまでセンスに頼ってきた部分もわかりやすく説明してくれます。また、初心者にとっては難解な専門用語も無理なく理解できるようにシーン、目的別にまとめられているので自然にカメラの扱い方が身に付きます。読んでいるうちに早くカメラをもって出かけたくなる本です。

  • 5.0
    赤い庭

    自分のように、これからデジタル一眼レフカメラを始めたい!と思うような方には、ピッタリというのか、とにかく「わかりやすさ」が特徴だと思います。実例の写真が多用されていることで、視覚的に「どう撮れば良いのか」が伝わってくるので、少しずつ読み進めていっても、それほど負担にならない感じもイイですね。「教科書」というタイトルで、堅苦しい切り口を想像される方も多いでしょうけど、この本は、視覚的に理解が出来る(あと、付属のDVDも分かりやすい)ところが、読み手を選ばないと思う、初心者向けだけどベテランになっても使える一冊だと思ったのでした。

  • 「わかりやすさ」が良いと思った入門書

    5.0
    あずみ るう

すべての35レビューを表示