発売日 2017年03月08日(水)

「めんどくさい」がなくなる脳

著者名:加藤 俊徳(著者)

¥1,300(税別)

ISBN:
978-4-7973-8908-1
サイズ:
四六/1色
ページ数:
224
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・加藤 俊徳

加藤 俊徳(かとう・としのり)
新潟県生まれ。医師/医学博士。
株式会社「脳の学校」代表。加藤プラチナクリニック院長。
昭和大学客員教授。
発達脳科学・脳機能生理学・MRI脳画像診断・脳機能計測の専門家。
小児科専門医。
14歳のときに「脳を鍛える方法」を知るために医学部への進学を決意する。
1991年、脳活動計測「fNIRS法」を発見。
現在、世界700カ所以上で脳研究に使用され、新東名高速道路走行中の脳活動計測にも成功。
1995年から2001年まで米国ミネソタ大学放射線科MR研究センターで
アルツハイマー病や脳画像の研究に従事。
帰国後、慶應義塾大学、東京大学などで、脳の研究に従事。胎児から超高齢者まで
1万人以上のMRI脳画像とともにその人の生き方を分析。
2006年、株式会社「脳の学校」を創業。2013年、加藤プラチナクリニックを開設。
ビジネス脳力診断、発達障害や認知症などの予防脳医療を実践。
著書に35万部を越えるベストセラー『脳の強化書』シリーズ(あさ出版)、『脳が知っている怒らないコツ』(かんき出版)、『人生が劇的に変わる脳の使い方』(PHP研究所)などがある。

Twitter

Load More...
  • hundredpink

    覚えておきたい一言 「ポジティブな色眼鏡よりネガティブな色眼鏡の方が断然、色が濃い」 続きを読む

  • morinokazedayori

    ★★★とてもよかった。著者は脳番地という言葉を作った脳科学者。めんどくさいと感じる理由の一つが、苦手なことに取り組む必要がある場合。苦手なことは脳に大きな負担がかかるため、やる気を失いがち。脳は一生成長し続ける臓器で、苦手なことに取り組むことは劇的な成長を促すといえ。めんどくさいことを、自分や自分の脳を成長させるよい手段と受け止め、少しずつ取り組んでいこうと思った。 続きを読む

  • 小豆姫

    めんどくさがりの脳を、おだててその気にさせてやる気スイッチを押すこと。まずはやってみる。やって出来たその達成感はクセになるのだ。人間の脳は千差万別。理解し合えなくって当たり前。それでも善意に受けとめて『あの人なりに考えて、こうしてくれたんだな』っと思うこと。今より少しだけ丁寧に言葉を尽くして説明すること。新たな経験を積んで、まだまだ未知なる自分の脳を育ててゆこう。 続きを読む

すべてのレビューを読む