発売日 2017年05月24日(水)

なるほど!プログラミング
動かしながら学ぶ、コンピュータの仕組みとプログラミングの基本

著者名:森 巧尚(著者)

¥1,980(税別)

ISBN:
978-4-7973-9011-7
サイズ:
A5/2色
ページ数:
256
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・森 巧尚

森 巧尚(もり よしなお)
関西学院大学非常勤講師。iPhoneアプリやFlash、HTML5などのオリジナルのコンテンツ制作、執筆、講師など、プログラミングにまつわる幅広い活動を行っている。
解説のわかりやすさと、プログラミングの楽しさを伝える語り口に定評が高い。
著書実績として、『SwiftではじめるiPhoneアプリ開発の教科書』(マイナビ)、 『小学生でもわかるiPhoneアプリの作り方』(秀和システム)、 『おしえて!! FLASH 8 ActionScript』(マイナビ)『ActionScript + CGIプログラミング』(SBクリエイティブ)など、多数がある。

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

  • プログラミングの基礎と概念、そして実践。

    4.0
    カデレオ

    プログラミングの基礎と概念をすべて説明してくれる本です。親切丁寧な本です。しかしこの1冊ですべて説明しようとしているので、内容が難しくなってしまっている箇所もあり、結果として厚みのある本になってしまっています。電気のONを1、OFFを0と見なして2進数。しかし電圧を10段階に分けて使えば10進数も可能である。だが電子回路はノイズの影響を受けやすいし、電圧が不安定だと意図に反して数値が変化してしまうからON/OFFだけで区別できる2進数のほうが優れている。ところが2進数はケタ数がすぐに増えてしまう。だから16進数を使う。16進数は人間にも読みとりやすい、変換して理解しやすい進数だ。2進数1ケタ=1ビット。16進数2ケタ(2進数8ケタ)=1バイト。たしかに2進数を説明した上で10進数も16進数も説明する必要があるのです。このように段階を踏んで丁寧に説明していくので、読み込んで理解すべき分量が相当あります。後半は、作成したアルゴリズムをJavaScript言語で書き表わす、C言語で書き表わす。ライブラリの説明をしたうえで、ライブラリはこう使って、こう動かす。基礎と概念、そして実践。この本とパソコンとネット環境さえあればプログラミングをとりあえず試せます!!この1冊で過不足なく完結する内容になっていますが、過不足ないがゆえに理解すべき項目が多く、超初心者向きとは言い難い。小学生向きではないし、中学生向きでもない。いちど挑戦して挫折した人、プログラミングをかじったことがある人の、再挑戦向きでしょうか。初心者向きの本を読んだ上での、実践編としての2冊目ぐらいの気持ちで読んだほうがいいのかもしれません。巻末に付録として「参考になる本」19冊を挙げているので、ここからさらに勉強をすすめていくことも可能です。

  • 5.0
    いいもの大好き

    プ​ログ​ラミ​ング​の初​学者​むけ​の学​習書​です​。本書では、プログラミングにとって大切な「アルゴリズムの3つの基本構造」、「構造化プログラミング」、「ライブラリー」をしっかりと学ぶことが出来ます。品質の高いプログラムを、効率よく開発するスキルを身に着けるために、大いに役立つ技術書です。

  • プログラミングの基本を勉強できます。

    4.0
    kiri

    普段考えないような、コンピュータの仕組みから解説されています。ノートパソコン、スマートフォンなど様々なコンピュータの中身から解説されており、読み始めはプログラミングに興味ある方であれば誰でも理解できるようなやさしい解説です。実際の計算ではどのような内部処理をされているのかなど、実際の仕組みが理解できるため、プログラミングはできるが、仕組みまでは理解できないという方に最適だと思いました。数時間のプログラミング講習やホームページ作りは行ったことがあるのですが、その際は特に意味を考えずにテキストの内容をパソコンに打ち込むだけでした。この本を読んだ後は、その時に行っていた操作の意味がなんとなく理解できる感じがありました。しかし1からプログラミングを行った経験はなく、ほとんど素人の自分では、わからない内容も多くありました。この本は、プログラミングがある程度理解できている方が読むと、特に理解を深められて役立つと思いました、また、巻末には本の各章ごとの参考になる本が内容とともに紹介されており、こちらも興味はあるけど、どのような本を読めばいいかわからない、という方にとても参考になると思いました。

すべての23レビューを表示

  • えちぜんや よーた

    プログラミング学習を行う人は、誰しも何か便利なアプリを作りたいだろう。手始めに誰かが作成したコードをお手本として写経すればそれなりに動く。だが何も考えず写しとることだけをしていると、「なぜ動くのか?」と言う視点を忘れがちになる。本書では、その視点にスポットをあて動いて当然のコンピュータやプログラミングの仕組みについて概要が紹介されている。例として挙げられている言語にJavaScriptが採用されているので、比較的読みやすい。写経ではなく自力でプログラミングコードを作成したい人にとって良い本だと思う。 続きを読む

  • Tomitakeya

    一通り読んでみた。おぼろげながらプログラミングのことがわかったような気がする。実際にパソコンで試しながら学習するので分かりやすい。プログラムの概念、考え方というものがわかる。 続きを読む

  • 西行

    少しプログラミングに慣れてきた人向け。入門書では省かれていたような話を丁寧に教えてもらえる。 続きを読む

すべてのレビューを読む