発売日 2018年01月20日(土)

Amazon Web Services 業務システム設計・移行ガイド

著者名:NRIネットコム株式会社:佐々木拓郎・林 晋一郎 株式会社野村総合研究所:瀬戸島敏宏・宮川亮・金澤圭(著者)

¥3,200(税別)

ISBN:
978-4-7973-9256-2
サイズ:
B5変/1色
ページ数:
384
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・NRIネットコム株式会社:佐々木拓郎・林 晋一郎 株式会社野村総合研究所:瀬戸島敏宏・宮川亮・金澤圭

Twitter

  • 人を選ぶが選ばれた人には最高の本

    5.0
    だる

    - コンピュータシステムの設計、運用を仕事にしている- AWSへの移行の仕事をしている、しようとしているのどちらかであれば買うべき本です。 Must buy or die.公開情報のみから書かれている、最初の但書きかの一文からわかってる感をいきなり感じました。ノウハウが具体的で的確なので、うんうん頷きながら読めました。範囲が広いので、システムの移行に絞っていますが、それでも知らないことがいくつかあり勉強になりました。比較的最近のサービス(AWS Server Migration Serviceや、EC2 Systems Manager)の説明もありすばらしいです。AWSは常に進化しているので、手順など今後、陳腐化する部分も多いのですが、この本を書いている人はAWSの本質がわかっている人だと感じたので手元において、いつでも見れるよういしておきたいです。Kindle版はイメージのようでkindle端末ではほぼ見えないですPC上での閲覧が必須です。

  • 5.0
    ryotaro

    企業の情シスに勤めてます。その会社で自社のインフラを全部クラウドに持っていくことに。個人のサイトをAWSで公開したり上っ面の知識はありましたが、いざ自社のインフラをクラウドに持って行くとなると特にネットワーク周りをどうするのかなどは、かなり悩ましい問題。そんな状況にぴったりの本が発売されるとのことで予約してゲット。サービスの説明、ネットワーク、ID管理などの概要、実際の仮想的な案件での考慮点や実際の手順など、大きな話から段々と詳細化していく構成など、非常に読みやすいし、注意すべきポイントを明記されていて非常に満足。また、注意点も、こうすべき。ではなく、こういうことを考えないと後々こういう問題が発生するので、それぞれのメリットデメリットを考慮して決めなさい。と書いてあり、大変納得。ただ、ちょうどこの本を読んでる途中に、クラウドの案件を声かけしてるベンダーとの打合せがあり、この本に書いてある考慮点についてどう考えるか聞いたところ、そもそもこの本に書かれてあるメリットデメリットについてあまり理解しておらず、なぜかこの本を紹介することに、、、

  • 平易な文章でAWSの基本から運用まで幅広く知識の習得が可能。

    5.0
    瀬戸

    こちらのレビューで高評価だったので買ってみましたが、評価通りの良書でした。当方AWSの知識がほとんどありませんでしたが、読みやすく理解しやすい文章で流れるように読めました。ソリューションアーキテクトの勉強にもなるかと思います。

すべての3レビューを表示

  • jammadoibit

    AWSをしっかり理解できていない部分が多々あったため手に取り読了。既存オンプレミスシステムを部分的に移行する流れやハイブリット的に共存させる際のデザインパターンなど基本、初学者向けだが実用的な内容で学び多し。同AWSシリーズの別著作も読み進めたいところです。 続きを読む

  • ふぁしゅー

    AWSを触り始めた時から読み進めてた一冊。大まかに把握して、主要中の主要サービスを紹介してくれた。すごく助かりました。 続きを読む

  • fakiyer

    主にオンプレからの移行について書かれているが、AWSのそれぞれのサービスについてや設計のコツなども書かれているので、移行目的じゃない人でもとても参考になると思う。 複数アカウントの管理については必読。 続きを読む

すべてのレビューを読む