発売日 2017年07月15日(土)

病気にならない食べ方はどっち?

著者名:大柳珠美(監修)

¥1,300(税別)

ISBN:
978-4-7973-9334-7
サイズ:
四六/2色
ページ数:
208
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

監修・大柳珠美

大柳珠美(おおやなぎ・たまみ)
管理栄養士。社団法人オーソモレキュラー.jp理事。都内のクリニックで、糖尿病、肥満など生活習慣病を対象に、糖質の過剰摂取を見直し、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル不足を解消する食事指導を専門に行い、薬に頼り過ぎない治療をサポート。ダイエットジム「ライザップ」の食事ガイドブック監修、日本大学野球部の栄養管理を担当。講演会、雑誌、ブログ「管理栄養士のローカーボ・キッチン」などで、栄養科学に基づいた食の情報を発信。著書に『「糖質制限」その食べ方ではヤセません』(青春出版社)、『食べ方だけで不調をなくす』(宝島社)、『糖質オフするならどっち』(宝島社)、『糖質オフおうち定食』(講談社)、『病気にならない低糖質レシピ』(宝島社)、『病気を治す!症状別のおくすりスープ』(マキノ出版)。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 端的な内容ではなく、しっかり解説されているので、ためになります

    4.0
    のりちゃん

    世に出回る健康情報は、非常に端的です。わかりやすくせねば、一般消費者に届かないから仕方ないのかもしれませんが、たとえば、「しょうがは冷え性を改善する」という情報は嘘ではありませんが、万人に効くものでもありません。たしかにしょうがは体を温めてくれますが、栄養不足の時にしょうがだけ飲んでいても、効き目が切れたらおしまい。ですが、「しょうがさえ飲んでいれば冷え性は治る」と勘違いしている人が多いのも事実です。この本は、専門の意志によって、「なぜ、この食品を薦めるのか」がしっかり説明されていますので、根本的に症状を治すきっかけになると思います。また、最初のページで、問題と、その問題に対処できる代表的料理が示されますので、とっつきやすいという利点もあると思います。この本は「入口」でしかないかもしれませんが、自分が気になっている症状の頁だけ、パラパラと読むだけでもためになりそうです。

  • 小林拓矢

    食事をする際、どんな食べ方をすればやせるのだろう、とまではいかないまでも、どんな食べ方をすれば体調がよくなるのだろうか、と考えれる人は多いはずだ。この本では、正しい食べ方をすることによって、病気を防いだり、体の不調を改善するための方法をわかりやすく示している。いまの世の中、むちゃな食べ方をする人も多い。外食中心だと、どうしても食生活は乱れる。そんな人に読んでほしい一冊。

すべての3レビューを表示