発売日 2018年06月20日(水)

口下手で人見知りですが、誰とでもうちとける方法、ありますか?

著者名:高石 宏輔(著者)

¥1,400 (税別)

ISBN:
978-4-7973-9413-9
サイズ:
四六/1色
ページ数:
192
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・高石 宏輔

1980年生まれ。慶應大学文学部仏文専攻中退。在学中よりカウンセリングのトレーニングを受け始め、セミナー講師なども務める。その後スカウトマンを経てカウンセラーとして活動を開始。クライアントからの要望により、路上ナンパ講習も始める。2010年からコミュニケーションに関する独自のワークショップを開催、現在に至る。2012年には宮台真司氏とのトークイベント「愛の授業」に出演。また2013年には國學院大學にて催眠とコミュニケーションについての講演を行った。著書に『あなたは、なぜ、つながれないのか ラポールと身体知』(春秋社)がある。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 内容が薄い

    2.0
    ぺろ

    打ち解けられないのは相手が怖くて緊張するからだ、緊張を解くエクササイズをすれば改善する、という内容。確かに一理あるが、そんな単純なものだろうか?心理面や生理面に触れることなく、緊張さえ解けばよいというのは安易ではないか。そもそも緊張を常に解くにはどうすればよいのか?エクササイズをすればいいというが、その都度両手をぶらぶらするなんてやってられないはず。内容が薄い気がする。

  • ジュン

    気功のスワイショウが載ってたので読んでみた。"気持ちの持ち方、考え方を考えればいいというはなしではない"。よく言語化してくれた、ほんとそれ。僕はこの本では人見知りは。。。

すべての2レビューを表示

  • 香奈

    一見すると会話術の本だが、会話のテクニックに関しては出てこない。体の硬さ、緊張をゆるめて人と関わっていきましょう、という内容。心や感情は目に見えないから分かりにくく、自分の物差しで見てしまう危険性がある。身体のこわばりから自分の癖に気付き、緊張をほぐしていくことを重視。この視点の本には出会ってなかったので新鮮だったし、自分の感情に気付けない私にとっては望みが出てきた感じがある。 続きを読む