発売日 2018年05月22日(火)

基本からしっかり身につくAndroidアプリ開発入門 Android Studio 3.x対応

著者名:森 洋之(著者)

¥2,750(税別)

ISBN:
978-4-7973-9580-8
サイズ:
B5変/フルカラー
ページ数:
496
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・森 洋之

ヤフー株式会社のAndroidエンジニア。個人アプリ開発者を経て入社。現在はヤフオク!アプリの開発チームリーダー。
2014年9月よりヤフーの「黒帯制度」における「黒帯Android技術」の認定を受け、社内のAndroidアプリ開発者育成や、社外との技術連携などを行っている。

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

  • わかりやすく網羅的

    5.0
    マーヴェリック

    Androidの機能へのエントリーポイントにはどのようなものがあるかなど、網羅的な書き口でとても助かります。以前Eclipseで開発していましたが数年のブランクがあり、最近カムバックしたのですが開発環境もAndroid Studioになり、Kotlinが推奨言語になったこともあり、カムバック勢にはかなりかゆいところに手が届きます。1章を割いて他言語経験者にKotlinの仕様の要点が解説されていますが、過不足なくわかりやすい。一方でほかの方のレビューにもありますが、プログラミング「そのもの」の入門書には決して適しません。あくまで何某かのプログラミングをしたことのある経験者向き入門書といえると思います。リファレンスなどのプログラミング上の概念などについては別途で学ぶ必要があります。

  • 4.0
    さくらんぼう

    数少ないKotlinで書かれたAndroidアプリ開発本です。初心者でJavaを知らないので助かります。ただし、サンプルコードの説明が丁寧ではないところが多くありネットで悩みながら調べないと理解できません。

  • 入門と書いてあるから誤解される良書

    5.0
    bang

    Unity(C#)、Python、Android(Java)、MATLAB、Processing、場合によってはphpなどのサーバーサイドのプログラムを生業としております。直近でAndroid(Java)でいくつかアプリを作成したのですが、インターネットの情報だけで作成していたのでアンドロイドフレームワークの体系的な知識が曖昧でした。書籍でトップダウン的に学びなおそうと思い本屋で比較検討した末に購入したのが本書でした。経験からどういう機能が大切かというのが分かっていたので、そこら辺の知識を補強できるような教材を探していました。ついでに今まで馴染みのないKotlinも学べるので丁度よかったというのもあります。ただ、これは入門というには少し難しいと思います。前提として「JavaやXMLの基本知識」が必要となっておりましたので、そこまで行くともう入門とは呼べないんじゃないかと。例題のチョイスがとてもよく、あーこれこれ、こういうのがちゃんと知りたかったとバシバシ刺さりました。結果的に本書は自分にとっては大変読みやすく目から鱗な発見もあり日々読むのが楽しかったです。説明も自分にはスコンと入ってきて難しいと思えるところはありませんでした。ところで、5章の世界時計のStringリストをプリファレンスに保存するところ(p.255)で想定通りに動かないところがありました。SharedPreferencesの実態である prefs.xml が一度作成されたのちに二度と変更されません。いろいろ調べてみたところプログラムのせいではなく、putStringSet()メソッドの動きに不具合があるようです。これを回避するためには直前にpref.edit().remove("time_zone").apply()と挿入して一旦、プリファレンス内のタイムゾーン情報を削除、確定すればうまくいきます。

すべての17レビューを表示

  • めかぶこんぶ

    実際に作りながら覚えられるのは良い。ただやや知識が散発的になっている感じがする。組み合わせて使おうと思ったときに、理解が不十分だと苦労する感じ。 続きを読む

  • mutsuono

    iOSのもだけど、Yahoo!黒帯エンジニアのシリーズは実践的で好感が持てる。他の入門本を終えた後に読むのがちょうど良いと思う。 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

同じジャンルの商品