発売日 2018年04月13日(金)

透明勇者のエンジョイ引退生活! ~魔王を倒した元勇者、透明化スキルで気ままに人助け~

著者名:秋堂カオル(著者) ハル犬(イラスト)

¥620(税別)

ISBN:
978-4-7973-9707-9
サイズ:
文庫
ページ数:
328
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・秋堂カオル

イラスト・ハル犬

秋堂カオル(しゅうどう かおる)
第5回GA文庫大賞で《奨励賞》を受賞、 『神託学園の超越者<トランセンダー>』にてデビュー。
近刊に「ギルティ・アームズ」シリーズなど。

Twitter

Unable to load Tweets

  • わたー

    【試し読み】★★☆☆☆世界を救った勇者がご褒美としてもらったのは透明化能力だった。その力を十二分に活用し、イタズラをしたり、たまに人助けをしたりする物語。最早、手垢のついた感さえある『めでたしめでたし』のその後の話なのだが、透明化能力だけでは正直パンチが弱いかなと。試し読みで読めたのは半分だけだが、透明化して裏工作して問題を解決という一連の流れができており、そこから外れなかったのが大きな原因だろうか。また、主人公が結構、欲望に忠実だが、徹し切れたり、振り切れていないため、なんだか中途半端な印象を受けた。 続きを読む

  • 真白優樹

    魔王を倒し使命から解放された勇者の青年が、得た透明化スキルを用い好き勝手に生きる物語。―――為すべき事は為した、後は勝手に自由に。何だかんだとどうしようもなく勇者な青年が、誰にも気づかれぬままに問題に首を突っ込み解決へと落とし込むこの物語。どこか能天気な、明るい風の吹く世界で心のままに、放っておけない人達を助ける為に。難しいことを考証せず気楽に読める物語であり、何か背負うものに疲れたという読者様にはお勧めできるかもしれない物語である。安住の止まり木を得た青年の、次なる行動とは。 次巻も須らく期待である。 続きを読む

  • skikku

    レビューキャンペーンの試し読み。勇者が魔王を倒した後の話で勇者としてわっしょいされるのが嫌になり平凡に暮らしたいとかなんとか言ってなんやかんやするんですよ。透明人間になって覗きがしたいなら薄い本でやれ!としか言いようが無く、透明人間で人助けもするけれど別に透明人間じゃなくてもできそうだよね?という感想はダメですか?私の感性とこの作品は致命的に噛み合わず面白さがよくわからなかったが、オルガが可愛かったとだけ感想で残しておきます。 続きを読む

すべてのレビューを読む